ORIZUME - オリズメ

Posts Tagged / 毎日新聞

3506.報道比較2018.9.25

国内紙が連休明けで緊張感の低い話題が多いため、海外紙からリアリティのある話題を。国内紙の話題も興味深いものが多かった。

3506.報道比較2018.9.25 はコメントを受け付けていません。

3505.報道比較2018.9.24

凪いだ3連休。各紙のセンスが見えた。

3505.報道比較2018.9.24 はコメントを受け付けていません。

3504.報道比較2018.9.23

調子の狂う2度目の3連休。貿易戦争の行方は?

3504.報道比較2018.9.23 はコメントを受け付けていません。

3503.報道比較2018.9.22

週末を前に、英国のメイ氏がEUとのブレグジットを巡る交渉への弱音が示された。ポンドが急落、ヨーロッパにまた不安が芽生えたまま、日本はまた連休を迎える。

3503.報道比較2018.9.22 はコメントを受け付けていません。

3502.報道比較2018.9.21

誰も尊敬しているように見えない仲良しクラブ型、例えるなら発展途上国型の権力と賄賂に似た政治手法をつづける安倍政権には、ぜひ消費増税とオリンピック後の低迷までの責任を取って欲しい。3年より先に、また国会にやつれた顔で参考人として呼ばれたりしないよう、ぜひ仕事を締めくくって欲しい。

3502.報道比較2018.9.21 はコメントを受け付けていません。

3501.報道比較2018.9.20

支離滅裂なのに、誰もトランプ氏を止めなくなっている。それでも不思議なほどマーケットが無関心。不確実性が高まっている。

3501.報道比較2018.9.20 はコメントを受け付けていません。

3500.報道比較2018.9.19

貿易戦争の話題がはじまったのは、今年の初め。実際にアクションがはじまったのが春。半年後にはもう痛みを感じなくなっている。痛みに耐えられる経済状況を得たのではなく、見ないことにして問題を無視しはじめた。

3500.報道比較2018.9.19 はコメントを受け付けていません。

3499.報道比較2018.9.18

当然のように発動された関税。次の標的は明らかに日本。要注意だ。

3499.報道比較2018.9.18 はコメントを受け付けていません。

3498.報道比較2018.9.17

Wall Street Journalの仮想通貨のコンテンツには納得させられる。国内紙はどこも不作、駄作。休日の社説は読まない方がいい。取り上げるのをやめるか、検討しようと思う。

3498.報道比較2018.9.17 はコメントを受け付けていません。

3497.報道比較2018.9.16

連休がつづく日本の社説の質は、いつもながら最悪。これなら休日は社説を休んだら?と思う。Wall Street Journalが連休前に大量に興味深いコンテンツを準備している。今日は、その中のひとつを。

3497.報道比較2018.9.16 はコメントを受け付けていません。

3496.報道比較2018.9.15

何の中身もない討論会になったのは、記者クラブ主催が問題だったのでは?マスメディアが設定した舞台は、もう役目を果たしてくれない。

3496.報道比較2018.9.15 はコメントを受け付けていません。

3495.報道比較2018.9.14

プーチン氏の能力にまた驚かされる。国内紙の慌てぶりもひどい。北朝鮮とアメリカが逢うと言いはじめたときのようだ。いつも思考は停止している。少しでも意外なことが起きると慌てる。惑わされたくない。

3495.報道比較2018.9.14 はコメントを受け付けていません。

3494.報道比較2018.9.13

災害の克服は、3日で救急で困難を乗り切り、3か月で日常を取り戻す。3年で人生のシフトを検討する。そんな3段階で学んだ記憶がある。次のステージがはじまった。

3494.報道比較2018.9.13 はコメントを受け付けていません。

3493.報道比較2018.9.12

安倍氏のロシア外交に成果はない。徒労だ。

3493.報道比較2018.9.12 はコメントを受け付けていません。

3492.報道比較2018.9.11

クリエイティブ・コモンズで、すばらしい写真を見つけた。大坂選手と、彼女にとって憧れの存在で、今回、決勝で破った常勝のセリーナ選手の写真だ。日付は2014年7月28日。ここから4年。経た時間で、彼女たちは何をしたのだろう?やがてコートで向かい合う彼女たちは、どんなストーリーを見せてくれるのだろう?

3492.報道比較2018.9.11 はコメントを受け付けていません。

3491.報道比較2018.9.10

不穏な9月。落ち着かない中、国内紙が休刊日。悪いタイミングにあたった。落ち着いて過去から学ぶトピックを海外紙から。

3491.報道比較2018.9.10 はコメントを受け付けていません。

3490.報道比較2018.9.9

新聞社にとっては、大阪の台風も、北海道の地震も日常だったようだ。まだ停電も被災家屋も不明な中で、金曜の記者会見を形式的に論じる。この内容なら、休刊後の火曜でも十分に間に合うだろう。これが、いまの日本の新聞の経営感覚であり、無神経さだ。

3490.報道比較2018.9.9 はコメントを受け付けていません。

3489.報道比較2018.9.8

新聞が災害時に役立たないことは明らかになりつつある。インターネットで、どうやって有益な情報を得るか。発信された情報をどう整理するのか。テクノロジーが取り組むべきテーマだ。

3489.報道比較2018.9.8 はコメントを受け付けていません。

3488.報道比較2018.9.7

災害があれば、適切に信憑性の高い情報が望まれるのは明白だった。ここからの72時間が、初動の生死を分ける大事な時間だ。選ぶ情報が違う。来週月曜、新聞はまた休刊日だ。あと2日、北海道を思うなら、やるべきことは多いはずだ。

3488.報道比較2018.9.7 はコメントを受け付けていません。

3487.報道比較2018.9.6

災害がつづく。冷静でいたい。

3487.報道比較2018.9.6 はコメントを受け付けていません。
ページ:1234567...139