ORIZUME - オリズメ

Posts Tagged / フィナンシャル・タイムズ

806.報道比較2012.5.10

Financial Times フランス新大統領がドイツに言わねばならないこと (2012.5.9) 英国紙はユーロと距離を置いた国家だけあって相変わらずユーロに手厳しい。フランスは明らかに新たな火種を作った。ユーロだけ […]

0

804.報道比較2012.5.9

フランスのリーダーが変わって引火したのがギリシャ。ユーロがまた揺れはじめた。 Financial Times 大荒れの中で再選挙に備えるギリシャ (2012.5.8) Wall Street Journal ギリシャの連 […]

0

803.報道比較2012.5.8

当然のフランス大統領選挙一色。書かなかったのは産経のみ。産経が何を書いたのか知りたい人は、自力でどうぞ。どうせ誰かに書かされた提灯社説。相手にせずに世界を見た方がいい。よいコラムはあっただろうか? Financial T […]

0

802.報道比較2012.5.7

日本の新聞は今日は休刊。この報道比較は、すでに国内紙のみを対象としていないため、海外紙のみで紹介する。 Wall Street Journal 円相場、口先介入むなしく2カ月ぶり高値 (2012.5.2) 介入が効果を示 […]

0

801.報道比較2012.5.6

原発ゼロ社会 Wall Street Journalも伝えた日本の原発状況。とりあえず平穏。この状況を世界はどう見るだろうか? Wall Street Journal 日本の全原発が運転停止 (2012.5.5) 産経新 […]

0

800.報道比較2012.5.5

原発ゼロ社会 北海道電力・泊原発3号機が5日、定期検査のため運転を止める。分かり切っていたこの日だけ騒ぐ朝日と読売。事前に動く文化は、いつになれば根付くだろう。 日経は経済紙なのか? 朝日新聞・社説 「原発ゼロ」社会:上 […]

0

799.報道比較2012.5.4

The Economist アジアの経済力ランキング:次々抜かれる日本 (2012.4.28) それで意識が変わるのなら、そうなるべきだろう。本気で生きていない人が豊かな方がおかしい。豊かとは自らで創るものであり、誰かが […]

0

798.報道比較2012.5.3

憲法記念日 ここ数か月、新聞は確実にメルトダウンをつづけている。日を追うごとに劣化している。それでも彼らは憲法記念日のような日は大切に扱う。彼らの思考が汚れていないか、こういう日にチェックすべきだろう。 最後に、Wall […]

0

797.報道比較2012.5.2

Wall Street Journal 北朝鮮は近い将来核実験行う可能性高い=野田首相 (2012.5.1) Wall Streetは日本がコラムを書く間に、一歩先を行った。すでにこの会談によって取り組むべき戦術レベルで […]

0

796.報道比較2012.5.1

Wall Street Journal 日米首脳会談、安全保障問題が焦点に (2012.4.30) まさか皮肉を込めてではないだろうが、Wall Street Journalはこの国の首相のメッセージを、言葉どおりに記し […]

0

795.報道比較2012.4.30

日本経済新聞・社説 薬ネット販売を禁じた裁量行政への警告 すばらしい。公務員の中で裁判官と軍隊、いわゆる自衛隊のみが、バランスを保ちながら今でも時代に即して成立しているように感じる。そういう意味で、この国はまだ腐り切って […]

0

794.報道比較2012.4.29

Wall Street Journal 野田首相よ、「第3の開国せず」でいいのか (2012.4.27) 連休モードに入っているような日本の社説からは、日米首脳会談のフォローさえない有り様。どこまでこの国はメルトダウンし […]

0

793.報道比較2012.4.28

米軍再編見直し Wall Street Journal 沖縄在日米軍5000人がグアム、4000人が豪、ハワイへ−日米合意 産経新聞・社説 米軍再編見直し 同盟の抑止力強化進めよ どうした毎日?ライフワークのように沖縄を […]

0

792.報道比較2012.4.27

何を恐れているのか。誰に操られているのか。小沢一郎氏の無罪判決を、国内紙が一斉に報じながら、彼を失墜させようと躍起だ。戦争に向かった日本のような思考停止報道を見てみよう。 朝日新聞・社説 小沢氏無罪判決―政治的けじめ、ど […]

0

791.報道比較2012.4.26

Wall Street Journal 米FRB 政策経路を再確認し景気判断をやや下方修正 (2012.4.26) Sell in May. 5月にむけてマーケットはしぼむ。景気は暗い話が増えてきたようだ。春の陽気は長く […]

0

790.報道比較2012.4.25

陽気が良くなると電力が気になる。哀しい状況だ。この状況に陥っている原因は地震という天災ではない。政治が機能不全だからだ。 産経新聞・社説 電力需給見通し 節電頼みでは産業もたぬ 朝日新聞・社説 夏の節電―急げ、急げ、もっ […]

0

789.報道比較2012.4.24

産経新聞・社説 TPP交渉と首相 国論二分の今こそ決断を 先んじて知らせたのは産経だけ。産経は最近、良い視点を持っている。主張と手法が最悪だが。そこを洗練してくれれば国内ベストになれるだろう。 フランス大統領選挙 日本国 […]

0

788.報道比較2012.4.23

一夜明けたG20のトピックをFinancial TimesとWall Street Journalが取り上げた。国内各紙が称賛した日本の主導権は、世界には通じなかったようだ。そんな文面は、国際紙には見当たらない。 Wal […]

0

787.報道比較2012.4.22

G20 ワシントンで主要20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議が開かれた。主要議題は今回もまた欧州の債務危機対策だ。 毎日新聞・社説 IMF資金拡充 欧州の努力もっと促せ 産経新聞・社説 IMF増強と日本 高 […]

0

786.報道比較2012.4.21

Financial Times 「コンセンサスの国」ニッポンの大激論 (2012.4.19) この時期に日本の政治がFinancial Timesに取り上げられるとは思わなかった。書いてあるとおり。今、この国が欲している […]

0