ORIZUME - オリズメ

4906.報道比較2022.7.1

4906.報道比較2022.7.1 はコメントを受け付けていません

理念は大事で、飢えても戦ってでも守るべきものはある。ただ、そのための代償をどこまで払うのかの議論をせずに理念で突き進むのは極めて危険。今の生活を維持したまま理念が守れることなどない。理念で世界が回るなら、とっくに平和になっている。腹は減り、ひとつしかないものを奪い合い、過去にされたことを恨む。そこに理念も理想もない。どこまで犠牲にするつもりなのかの説明が聞きたい。

Wall Street Journal
米と同盟国、対中国で結束 安全保障巡り懸念共有 (2022.7.1)

朝日新聞・社説
NATOと日本 「安定」に資する連携を

産経新聞・社説
日本とNATO 平和へ地球規模の協力を 首相は防衛強化の約束果たせ

読売新聞・社説
NATO拡大へ 露が招いた安保体制の転換

国内に何の説明もせずに風呂敷を広げるやり方をはじめたのは鳩山氏だろうか?安倍氏、菅氏に比べれば予想の範囲内のため驚きは小さいが、決めていることの重大さは比にならない。戦争に巻き込まれる可能性を一気に高めた。いつものなし崩しで。理念は大事で、飢えても戦ってでも守るべきものはある。ただ、そのための代償をどこまで払うのかの議論をせずに理念で突き進むのは極めて危険。今の生活を維持したまま理念が守れることなどない。ほぼ無関係の戦争でも物価が上がって経済的に多少の苦労は増えている。これが台湾で起きた時のインパクトは恐ろしいレベル。だから準備を整えたいとの主張は理解する。どこまで失うつもりなのか、その時に生活がどこまで犠牲になるのかを話していない。理念で世界が回るなら、とっくに平和になっている。腹は減り、ひとつしかないものを奪い合い、過去にされたことを恨む。そこに理念も理想もない。どこまで犠牲にするつもりなのかの説明が聞きたい。

朝日新聞・社説
コロナ医療態勢 「顔見える関係」を築く

信頼のある環境は連携が機能し、効果が上がりやすいとの論調には同意する。どんな仕事でも関係でも信頼の有無が生産性に大きく作用する。スピードも結果も信頼関係の影響は大きい。強権はもっともあってはならない手法だろう。中国を見れば判る。反省から学ぶか、政権を注視したい。

毎日新聞・社説
大阪ビル火災の報告書 命を守る取り組みが急務

毎日はもっともらしく語っているがインターネットでガソリンをどうやって売るのか?法規制に関しても調べたつもりなのだろうが、数万と言う数字がどれくらいの比率なのか、用途は?という単純な疑問も無視されている。仕事が雑だ。

毎日新聞・社説
日韓首脳の対面 関係を立て直す出発点に

読売新聞・社説
日米韓首脳会談 関係再構築し抑止力高めたい

いつも同じ内容を繰り返している。首脳会談がないのは2.5年かもしれないが、もっと前から日韓関係は機能停止している。どこの誰が対応したからこうなったのか、安倍政権ということは判っているが検証してほしい。20分のミーティングでさわぐくらいなら原因と対策は必要だ。

Comments are closed.