ORIZUME - オリズメ

4875.報道比較2022.5.31

4875.報道比較2022.5.31 はコメントを受け付けていません

中国に強まる逆風。一帯一路や連携を模索していた外交は批判とともに巻き戻し。新たな取り組みも失敗。経済の先行きに世界は「どこまで中国が統計値を改竄するか」に注目する始末。政治目的のために数字や目標が変わるなら、世界は中国の信頼度をさらに下げるだろう。この逆風をどう捉えるのかが、習氏だけでなく中国の未来を左右する。

Wall Street Journal
中国と太平洋諸国、安保・貿易協力案で合意に至らず (2022.5.30)

中国経済減速、統計の信ぴょう性試す (2022.5.31)

中国に強まる逆風。一帯一路や連携を模索していた外交は批判とともに巻き戻し。新たな取り組みも失敗。経済の先行きに世界は「どこまで中国が統計値を改竄するか」に注目する始末。政治目的のために数字や目標が変わるなら、世界は中国の信頼度をさらに下げるだろう。この逆風をどう捉えるのかが、習氏だけでなく中国の未来を左右する。

朝日新聞・社説
ウイグル弾圧 真の調査で実態解明を

産経新聞・社説
ウイグル内部文書 国連は本格的調査をせよ

毎日新聞・社説
ウイグルの人権問題 大国の信頼損なう弾圧だ

国連の動きを追う朝日と産経に対し、毎日はリーク文書にフォーカス。形式的な国連の活動よりリークを重視するのが適切かは難しい。国連が動いたタイミングで意図的に出たリークなのは確実で、リークがあるから中国が国連を受け入れた可能性もある。このレベルの情報を国内紙が独自に入手できるとは思えない。考察力に差が出る。産経の短絡的な強行姿勢は予測の範囲内。考え冴えられるような視点は朝日も毎日も持っていない。スピード感が目立ってきた読売が遅れたのが残念。

朝日新聞・社説
新潟知事再選 原発の独自検証尽くせ

今のところ朝日が先行。脱原発のスタンスの朝日にとっては気になるのか。原発再稼働を推す産経、読売も本質的な議論をするつもりならこのタイミングで正々堂々と取り上げるべきだ。

毎日新聞・社説
10兆円大学ファンド 研究の多様性守る運営を

5.10に朝日が先行した話題。毎日は朝日よりは賛成か?私には大学への補助金にしか見えない。政府系の投資が成功した事例を見せてほしい。勝率はどれくらいだろう?3割も勝てていないのでは?10兆円使うなら、私なら10兆円減税を望む。

読売新聞・社説
観光ランキング 日本の潜在力を示した世界一

ファスト映画 無断編集は違法だと心得よ

2つとも行政の広報のような話題の読売。せっかくセンスが上がってきただけに残念。観光ランキングでの高評価によろこぶのは判るが、経済効果として機能させるにはここからだ。

Comments are closed.