ORIZUME - オリズメ

4869.報道比較2022.5.25

4869.報道比較2022.5.25 はコメントを受け付けていません

バイデン氏の台湾への発言が注目を集めている。計算どおりだろう。選択肢はなかった。ロシアが戦争をしている状況で、次なる紛争地にも「行かない」と言えるはずがない。中国の反応も見たかったはず。この返答で台湾が挑発的に動く可能性がないと判っているから言えた。そう考えると、日本を含めた台湾への準備はウクライナよりはずっと冷静に進展している。

Wall Street Journal
台湾防衛巡る「曖昧戦略」排除、バイデン発言に賛否 (2022.5.24)

台湾を巡りバイデン氏が犯した真の過ち (2022.5.24)

台湾巡る政策に変更なし=バイデン米大統領 (2022.5.24)

バイデン氏の台湾への発言が注目を集めている。計算どおりだろう。選択肢はなかった。ロシアが戦争をしている状況で、次なる紛争地にも「行かない」と言えるはずがない。中国の反応も見たかったはず。この返答で台湾が挑発的に動く可能性がないと判っているから言えた。そう考えると、日本を含めた台湾への準備はウクライナよりはずっと冷静に進展している。中国がロシアよりも慎重になり、リスクを遠ざける状況を期待したい。

朝日新聞・社説
日米豪印会合 包摂の秩序が目標だ

産経新聞・社説
クアッド首脳会合 「対中抑止」を一歩進めた

毎日新聞・社説
米主導の経済連携 中国排除だけでは動かぬ

読売新聞・社説
日米豪印会談 重層的な協力担う日本の役割

なぜか安全保障の話を避けた毎日。明らかにロシアと今後の中国を意識した会合にもかかわらずメインの話題を避けるのは間違っている。インドに期待を寄せるのは良いと思うが、中立性という言葉を平和のような神聖な感覚で扱っているなら失望するだろう。アメリカ流に乗ると整合性の取れない人種差別や政治体制があること、中国とは仲良くできないからロシアと古くから縁があるだけだ。武力で威嚇したり、軍備増強を経済効果としても意識しはじめるアメリカよりは冷静で対話に期待するのは正しいが、理念など妄想に期待しない方がいい。

朝日新聞・社説
学生の経済支援 必要な人に届く制度に

全員が無責任、他人事になっていないか、本気で望んでいる人がどれくらいの数で存在するのかを知りたい。打算で経歴としての学力を求めるまでは許容したとしても、社会に貢献しないのならサポートが薄くなるのは当然。受け入れる学校は本気で良い学生のための制度と思っているだろうか?学生を増やすためだけの制度と思っていないか?サポートする文科省は本気で若者を育てようと思っているだろうか?予算を得る、消化するだけの仕事になっていないか?政治家は日本の未来のために動いているか?票を得るための計算に陥っていないか?

毎日新聞・社説
初の孤独・孤立調査 実効性ある政策が急務だ

人間関係は嗜好品になるようだ。残念だがカネをかけないと上質にできないものになっていく。コミュニケーションもライフスタイルも階層化するなら、望んでも望まなくてもそうなる。何のための調査で、結果が出たら何をしたいのかが判らない。「国」という不明な言葉で片づける毎日は不安を煽っているだけと気づかないのだろうか?

読売新聞・社説
水際対策緩和 往来の回復へ着実に取り組め

遅い。時間だけを浪費して科学的根拠はいつもない。このやり方にうんざりする。

Comments are closed.