ORIZUME - オリズメ

4864.報道比較2022.5.20

4864.報道比較2022.5.20 はコメントを受け付けていません

連日、不安定なマーケットにフラストレーションを感じる話題を届けるWall Street Journal。債券も株式も下がり、数か月前に騒いでいたSPACや仮想通貨も詐欺扱い。さすがに冷静さを失っているようにも見える。唯一、安定しているのは商品。典型的なインフレ模様だ。

Wall Street Journal
米株式相場、「失われた10年」になる可能性も (2022.5.19)

近づく景気後退のメッセージ、市場に届かず (2022.5.19)

米株安でSPACが窮地に、合併期限迫り (2022.5.19)

仮想通貨の崩壊、リバタリアン論の空虚さ露呈 (2022.5.19)

連日、不安定なマーケットにフラストレーションを感じる話題を届けるWall Street Journal。債券も株式も下がり、数か月前に騒いでいたSPACや仮想通貨も詐欺扱い。さすがに冷静さを失っているようにも見える。唯一、安定しているのは商品。典型的なインフレ模様だ。

朝日新聞・社説
日中外相協議 大局的な対話の拡大を

北朝鮮と感染 国際支援受け人命救え

どちらも訴えて価値がある内容とは思えない。話題として取り上げた程度か。政治も外務省もそんな感覚で外交している気がする。本気でなければ進展などない。

毎日新聞・社説
ウクライナ侵攻 NATO北方拡大 露の対抗措置は許されぬ

米国のアジア外交 緊張招かぬ抑止と対話を

過去と未来の予定に合わせた社説しかかけなくなってきた毎日。もう取材力、考察力はない。情報だけなら検索で済む。公式情報には絶対に勝てない。存在価値を考え直した方がいい。

読売新聞・社説
品薄続く後発薬 安定供給は国と業界の責務だ

文化財の盗難 管理の甘さを突かれている

日本の劣化を感じる話題。モラルという言葉さえ消え、信頼は消え去った。自己防衛に必要以上に労力を割かなければならない現実。衰退が加速しそうだ。

Comments are closed.