ORIZUME - オリズメ

4853.報道比較2022.5.9

4853.報道比較2022.5.9 はコメントを受け付けていません

連休明けの国内紙休刊。インフレでライフスタイルが変化しているアメリカ。何も変わらない日本。

Wall Street Journal
米の賃金上昇、加速するインフレに追いつかず (2022.5.9)

米実質金利マイナス時代、投資先どこがベストか (2022.5.9)

10%を越えている感覚のアメリカのインフレ。遅過ぎる中央銀行の動きを待っている人などいない。FIREともてはやしていた価値観の利回りの目標は高まり、働かざるを得なくなる可能性が高まっている。こういう時、アメリカ人は素直に受け入れる。条件は良い、求人も多い、ならば働こうと。Make Senseならば、翻意は早い。都市に集まっていた人口も小さな街に人気がシフトしている。コロナが終わり、人は逢うこと、集うことを取り戻すだろうが、それがショッピングとオフィスの復活を約束するかは判らない。閉じこもっていなければならなかった不自由が、自由に外に出ていいことになるだけ。リモートワークもEコマースもは定着するだろう。楽しさのための外出は復活するが、楽しくないことは代替手段を見つけてしまった。そしてインフレ。ますます効率と生産性は求められるはずだ。日本は金融でも、ビジネスでも、日々の生活でも置いていかれている。それでしあわせなのかは、各自が選ぶことだ。

Comments are closed.