ORIZUME - オリズメ

4849.報道比較2022.5.5

4849.報道比較2022.5.5 はコメントを受け付けていません

0.5の利上げで安心して株価が上がったアメリカ。自分たちの遅い仕事を放置して今さらインフレ率は高いと言い出したFRBの信頼はもはやゼロ。少し上げたところでまたみんな逃げ出すだろう。売りたがる5月に入った。早めに出口に向かった方が良さそうだ。

Wall Street Journal
FRB、0.50ポイント利上げ 保有資産縮小は6月開始 (2022.5.5)

逃げ場失う投資家、急ピッチで進む株と債券の同時安 (2022.5.4)

0.5の利上げで安心して株価が上がったアメリカ。自分たちの遅い仕事を放置して今さらインフレ率は高いと言い出したFRBの信頼はもはやゼロ。少し上げたところでまたみんな逃げ出すだろう。売りたがる5月に入った。早めに出口に向かった方が良さそうだ。

朝日新聞・社説
ケアを担う子 早期把握と支援強化を

産経新聞・社説
こどもの日 ひとりひとりが宝もの 希望を持ち続ける人に

毎日新聞・社説
「こどもの日」と平和 大切さ共に考える機会に

読売新聞・社説
こどもの日 不安のサインを見逃さぬよう

産経と毎日が間抜けな社説。今どきこどもが新聞など触れさえもしない。存在さえ知らないかもしれないと知りながら大人に迎合するような内容。悪質。真面目にこどもに迷惑をかけている大人の社会に目を向けた朝日のヤング・ケアラーの話題、読売のこどもがコロナで受けている心の負荷への配慮という視点はすばらしい。思い切り遊べない3年目のこどもの日。大人はどれだけ子どもたちの心を気遣っただろうか?今の社会は明らかに大人の無能さで若い世代に迷惑をかけている。懺悔と反省で、どう対策をするかの話をするのが先のはず。朝日と読売も他人任せで提言がない。他人事で口だけ出す役立たずの大人をやめてほしい。

読売新聞・社説
北ミサイル発射 核戦力強化は深刻な脅威だ

連休に迅速に話題にしたのは立派。国内紙で一線を画する安定感を見せつけている。内容がアメリカ偏重、余計な中国批判まで混ぜているのは違和感。これで中立なスタンスが保てれば信頼度はさらに上がるのだが。

朝日新聞・社説
特殊詐欺再燃 対抗力高め被害を防ぐ

いつ準備した原稿かは判らないが、夕刊のような内容。こどもの日にする話題には似合わないが。

Comments are closed.