ORIZUME - オリズメ

4848.報道比較2022.5.4

4848.報道比較2022.5.4 はコメントを受け付けていません

欧米はプーチン氏失脚への工作をつづけているようだ。この作業は結果が出るまで表に出ることはないため、機能しているかは不明。プーチン氏をどう裁くかという議論が出ているのを見ると、まだ工程はゴールを見出せていないようだ。遅い。

Wall Street Journal
ロシアの亡命メディアなお健在、弾圧に徹底抗戦 (2022.5.4)

ウクライナ侵攻、プーチン氏を法廷で裁けるか (2022.5.3)

欧米はプーチン氏失脚への工作をつづけているようだ。この作業は結果が出るまで表に出ることはないため、機能しているかは不明。予定より時間がかかっているのは確実で犠牲は増え過ぎている。プーチン氏をどう裁くかという議論が出ているのを見ると、まだ工程はゴールを見出せていないようだ。遅い。

朝日新聞・社説
原発テロ対策 視野を広げて徹底を

東電、規制委員会、朝日新聞のすべてに言えること。これで仕事をした気になっているから事故が起きるのだ。何の解決にもなっていないとなぜ気づかないのか?時間の無駄。ウランを扱う能力は日本にはない。

読売新聞・社説
カジノ誘致 収益に頼る地域振興は適切か

私はカジノは反対だが、コロナの文脈で反対はそろそろ通らないと思う。アフター・コロナで集客に気持ちは切り替わる。ブーメランになる主張だ。一時期はカジノ誘致に前向きだった読売。それを見越してか?

読売新聞・社説
露の侵略長期化 誤りを認めないプーチン氏

無力。NATOも国連も未だにプーチン氏を止められない。長引くほどロシアが不利になるシナリオは崩れた。失脚シナリオも機能していない。長期化はロシアにとっても期待外れだろうが、ロシアの弱体化に目的を切り替えているならウクライナにとって残酷だ。欧米は間違っている。

朝日新聞・社説
戦争と子ども 寄り添い 耳を傾けて

毎日新聞・社説
膨張するサイバー空間 民主主義守る秩序が必要

駄作。連休は力を込めた考えさせられるテーマの社説があってもいいはずだが、国内紙にはもう期待に応えられる能力はない。支離滅裂に話が発散しているだけ。海外紙を読むべきだ。

Comments are closed.