ORIZUME - オリズメ

4843.報道比較2022.4.29

4843.報道比較2022.4.29 はコメントを受け付けていません

世界は戦時中モードが加速しているようだ。不都合な情報は出てこなくなった。情報統制も激しい。インターネットでデータ量は増加したが品質は低下した。まだ世界はこの状況で適切に判断するシステムも経験もない。痛みは増し、備蓄は判断せずに減らしている。もし自身が巻き込まれた時に武器はあるのか?

Wall Street Journal
露ガス供給停止、インフレ新時代を象徴 (2022.4.28)

露のエネルギー脅迫はNATO攻撃も同然 (2022.4.28)

ロシアの経済統計、戦争と制裁の打撃反映せず (2022.4.28)

米の兵器生産能力に懸念 ウクライナ侵攻で露呈 (2022.4.29)

世界は戦時中モードが加速しているようだ。不都合な情報は出てこなくなった。情報統制も激しい。インターネットでデータ量は増加したが品質は低下した。まだ世界はこの状況で適切に判断するシステムも経験もない。痛みは増し、備蓄は判断せずに減らしている。もし自身が巻き込まれた時に武器はあるのか?少なくともヨーロッパは気にしておくべき懸念のはず。アメリカの備蓄が減っているのを中国はどう見ているだろうか?

朝日新聞・社説
観光船事故 安全軽視が生んだ悲劇

産経新聞・社説
観光船事故原因 前兆の見逃しが許し難い

毎日新聞・社説
観光船の社長会見 安全意識の欠落明らかに

読売新聞・社説
知床観光船事故 誤った出航判断が惨事招いた

会見をすべきだとは思うが、社説で横並びに批判しても被害者も誰も喜ばない。今後の参考にさえならない。ストレスの発散のつもりなら時間の無駄。読むだけ時間の無駄な社説だ。

朝日新聞・社説
カジノ計画 このまま走る気なのか

毎日新聞・社説
大阪、長崎がIR申請 突き進んでは禍根を残す

まだカジノ?間抜けにも程がある。こっそり推進されないようにチェックを続けてほしい。あまりに時代遅れで笑い飛ばしてもいいくらいだ。

読売新聞・社説
中国と南太平洋 軍事拠点化を防ぐ手立て急げ

4.27にWall Street Journalも社説で取り上げた話題。

中国とソロモン諸島の安保協定 by Wall Street Journal

日本にどれくらいの危機感があるのか、アメリカの意図が強過ぎないか?と思ってWall Street Journalではスルーしたが、酷似した内容を読売が語っている。中国の脅威にはオーストラリアはいま過敏に反応する。台湾との地理的な距離を考えても、オーストラリアと同じ反応を日本がするのは危うい。牽制以上の短絡的な結論は出すべきとは思わない。

Comments are closed.