ORIZUME - オリズメ

4841.報道比較2022.4.27

4841.報道比較2022.4.27 はコメントを受け付けていません

戦争長期化をイメージしはじめた世界。世界は歴史からまったく学んでいない。

Wall Street Journal
ウクライナ難民でパンク寸前、ポーランドの学校 (2022.4.26)

ロシアの兵器生産に暗雲、補充・輸出に影響も (2022.4.26)

戦争長期化をイメージしはじめた世界。ヨーロッパは戦禍を回避した分の負担を受け入れているが、インフレの痛みは不満に変わりつつある。ロシア原油がひっそりと売られ、負担回避に必死だ。当事者のロシアはさらに追いつめられている。弱体化は確実。勝利の既成事実のために亡国に近づいている。日本も似たミスをしたが、アメリカも、ロシア自身も似た失態を演じている。まったく学んでいない。

Wall Street Journal
コロナ封鎖に身構える北京市民、上海の混乱教訓に (2022.4.26)

上海の次は北京?ロックダウンで機能停止する都市が中国国内で不安を増幅させている。他国はアフター・コロナと共生にシフトしているのだが。科学的なウイルス対策なら良いのだが、ミスを認められない共産党が原因と中国人も思っている。震源になるほど不満が蓄積されないといいのだが。

産経新聞・社説
原油高対策 価格介入はもはや限界だ

毎日新聞・社説
政府の物価高対策 選挙目当てが過ぎないか

読売新聞・社説
経済対策決定 燃料価格の抑制は限界に近い

自民党応援団の産経や読売さえ疑問視するガソリン限定の補助金と増大する予備費。業務用なら燃料は軽油。家計にも企業にも恩恵がある発電を支援するとしてもガソリンではない。老人に5000円配ると言っていたのに等しい誤差。二転三転を平気でやる岸田氏がこの状況でまた翻意か?

朝日新聞・社説
韓国新政権 首相訪韓で関係改善を

決定時に毎日が取り上げた話題。5日前の状況から変化は見えない。迎える日本はまた様子見か?

朝日新聞・社説
アサリ産地偽装 流通の透明性高めよ

熊本だけではない、アサリだけではないのは確実。この管理ができていなかったのを国のせいにするあたり、間違ってはいないのだが、こうやって公務員の仕事が増え、増税になり、誰も得をしない監視社会に陥ると気づけるだろうか?しっかり管理しろ、安心できない、と声を荒げる分だけ税が増える。だから気にしなければいいということではない。なぜ誠実さを社会が失っているのか?だ。

毎日新聞・社説
日露サケ・マス交渉妥結 漁業守る取り組み継続を

朝日の産地偽装よりはタイムリーで気になる話題。毎日のセンスは良い。もう一歩、情報収集と考察に深みがないと検索した結果の方が上質な情報になる。信頼度も推測が多く新聞としてはレベルが低い。

読売新聞・社説
安保戦略提言 実効性ある反撃能力を整えよ

危機に乗じて姑息。減らす話はしない人たちだと言うことを忘れてはならない。

Comments are closed.