ORIZUME - オリズメ

4833.報道比較2022.4.19

4833.報道比較2022.4.19 はコメントを受け付けていません

素直に助け合える街と人たちは栄える。日本でも見られなくなった風景だ。文句を行っているだけで動かない人、メディアばかり頼りにして自ら考えない人よりずっといい。

Wall Street Journal
上海封鎖、住民は共同購入や物々交換でしのぐ (2022.4.18)

昨日、朝日に対して私がコメントした時に期待していたコンテンツがWall Street Journalにすぐに掲載された。上海でたくましく協力しながら知恵を出し合う姿には勇気づけられる。文句を行っているだけで動かない人、メディアばかり頼りにして自ら考えない人よりずっといい。日本でも見られなくなった風景だ。素直に助け合える街と人たちは栄える。メディアが伝えるべき情報は、栄えている事例だ。

朝日新聞・社説
議員の資産公開 透明性高める改革を

連日言いつづけても良いと思える話題。この程度の公開の覚悟もないなら衆議院選挙に立候補するなと社会が認識すればいいだけのこと。抜け道ができるたびに法改正するくらいでちょうどいい。潔白ならなんの反論もないはず。資産家ならそれも構わない。問題は隠したいカネがないか、だけなのだから。

朝日新聞・社説
米貿易協定 「看板倒れ」にあきれる

安倍氏は今でも国会議員。責任を取らせるべく批判を強めるのも一案だろう。論理的な情報があるなら批は波説得力を持つ。朝日は批判するだけの準備をすれば賛同は得られる。

毎日新聞・社説
犯罪被害者の支援 拡充する手立て探りたい

視点は良いのだが、なぜこんなに内容が軽薄なのか?Google検索した方がもっと情報を得られる現実をどう思うのか?無駄な仕事だ。

毎日新聞・社説
20年ぶりの円安 弊害直視した対応が急務

何の役にも立たない。2日前の読売よりさらに劣化。毎日は存在価値ゼロだ。

読売新聞・社説
香港の行政長官 住民ではなく中国が選んだ

香港は武力なしですっかり北京に呑み込まれた。共産党は何をやってもうまくいかなくなっている。今年の秋を誰もが注視している。

読売新聞・社説
佐々木朗希快投 じっくり育てた「令和の怪物」

すでに10日前の話。1週間前に他紙が取り上げている。週末なら判るが、平日になぜ古い話題を?

Comments are closed.