ORIZUME - オリズメ

4771.報道比較2022.2.15

4771.報道比較2022.2.15 はコメントを受け付けていません

ウクライナ国内で起きている武器とは違う戦争の緊張感。国内紙では決して知り得ない。ということは日本国民が似たようなことを他国からされた時の脆弱さはひどいだろう。台湾を意識するなら、準備を日本もした方が言い時期だが。

Wall Street Journal
ウクライナ弱体化狙うロシアのハイブリッド戦争 (2022.2.14)

欧州救援に向かう米国産ガス (2022.2.14)

原油100ドル迫る、ロシアの侵攻で供給ショックも (2022.2.5)

ウクライナ国内で起きている武器とは違う戦争の緊張感。国内紙では決して知り得ない。ということは日本国民が似たようなことを他国からされた時の脆弱さはひどいだろう。防衛術を学ぶことをお勧めする。
日常生活で通常の倍以上に不信な事故や事件が増え、ストレスは極限に達する。パンデミックはさらに状況を複雑にする。誰を信じていいのかも判らなくなり、自らが簡単に信じてもらえなくなる生活。台湾を意識するなら、準備を日本もした方が言い時期だが。

朝日新聞・社説
裁判のIT化 着実に課題の解消を

良い挑戦だと思う。まさかテストや議事裁判くらいはやったのだろう。今の日本はそれさえも手を抜く可能性が高い。確認は必要だ。スピードを増すこと、コロナ対策、法廷が空いていないような瑣末な理由で時間のロスが生まれていたのを解消できるのは良いことだ。教科書のデジタル化にずっと反対している読売はどう反応するだろう?

朝日新聞・社説
コロナ水際対策 受け入れに態勢整えよ

何でもそうだが明確な数値指針がないから不安を抱く。指針さえあれば待つ方も準備できる。指針を示せないほど判断力がない。行政も政治も専門家もまったく仕事をしていない。

毎日新聞・社説
ワリエワ選手出場へ 薬物疑惑拭う説明が必要

ウクライナで注目が集まる中での疑惑。またロシアを見る目が険しくなる。プーチン氏はこんな話題さえ戦略に使う可能性を持っている。選手たちがまったく楽しめないオリンピックになっているのが残念だ。

毎日新聞・社説
日韓外相が会談 地域安定へ対話の強化を

読売新聞・社説
日米韓外相会談 北朝鮮抑止へ安保協力進めよ

韓国にしか目を向けない毎日と韓国を無視する読売。どちらも不自然。アメリカが北朝鮮に時間を避ける状況ではない。今の時期に開催する意味のある会談だったのだろうか?

読売新聞・社説
年金額改定 老後の不安をどう和らげるか

厚労省の広報か?減額になる年金の影響や生活ではなく制度の説明ばかりしている。

Comments are closed.