ORIZUME - オリズメ

4739.報道比較2022.1.14

4739.報道比較2022.1.14 はコメントを受け付けていません

CC Attribution, Photo by H. Michael Karshis via Flickr

オミクロンが最初に感染拡大していた英国で収束の兆し。科学的な根拠が見えれば春に向けて明るさが戻る。

Wall Street Journal
オミクロンは意外に早く収束? 英国で見えてきた希望の光 (2022.1.14)

米最高裁、民間企業へのワクチン義務化を阻止 医療従事者には認める (2022.1.14)

米最高裁によるワクチン接種義務化差し止め、企業の反応割れる (2022.1.14)

オミクロンが最初に感染拡大していた英国で収束の兆し。科学的な根拠が見えれば春に向けて明るさが戻る。非科学的なアメリカ政府のワクチン義務化は当然の差し止め。効果絶大でも義務は自由主義の国で許されない。国民の信頼を取り戻せば摂取率は上がるのに、義務化を目論んだことでさらに支持率は下がるだろう。

Wall Street Journal
中国「自給自足」にまい進、先進諸国との関係悪化で (2022.1.14)

中国ゼロコロナ策に試練、オミクロンで目算狂う (2022.1.13)

中国の孤立が鮮明になってきた。すでに経済は下り坂に入り、次の発展の芽も見えないというのに。恐ろしい未来に近づいている。

朝日新聞・社説
衆院10増10減 法律通りに格差是正を

朝日に同意。自分に都合が悪くなるとゴネる政治家は退いてもらいたい。なぜこんな人に投票するのか?地域の好感度と連動させたら興味深い結果になるのでは?

朝日新聞・社説
農林水産輸出 「1兆円」達成の次は

どこの国が、どのようなニーズで買っているか?のような話を掘り下げる方が楽しいのだが。朝日は否定前提で視点をズラしているのか?興味の湧かない論点ばかりだ。

読売新聞・社説
価格転嫁対策 大企業は下請けと適正取引を

なぜ日本は値上げを恐れるのだろう?自分たちの商品に自信がないのだろう。それを仕入れ先に押し付ける無責任さは間違っている。消費者が盲目的に大手を選定しなければいいのだが。

読売新聞・社説
デジタル計画 行政手続きの改善につなげよ

5年?自分の任期でやり切れる取り組みだけに絞って責任持ってやってほしい。できもしない5年先の話は、自分がクビになっている大臣ばかりだ。嘘つきばかりの政治家がまだ無駄な仕事をしている。

毎日新聞・社説
再生’22 子どもと社会 「大人本位」を見直す時だ

まだ年始企画をつづける毎日。内容も作為を持ったインタビューが中心で素直に受け入れられない。

Comments are closed.