ORIZUME - オリズメ

4724.報道比較2021.12.30

4724.報道比較2021.12.30 はコメントを受け付けていません

CC Attribution, NoCommercial and NoDerivatives, Photo by
Province of British Columbia via Flickr

コロナ・ワクチンの特許やライセンスで揉める余裕ができたということは、開発は落ち着き、残務整理に時間を避けるようになったとポジティブに受け止めている。

Wall Street Journal
コロナワクチン誰が発明? 特許巡る熾烈な争い (2021.12.30)

コロナ・ワクチンの特許やライセンスで揉める余裕ができたということは、開発は落ち着き、残務整理に時間を避けるようになったとポジティブに受け止めている。儲かると思っていた企業に思わぬライセンスの出費が打撃を与えることもありそうだが、売上より多い出費はない。社会は冷静さを取り戻しつつある。

朝日新聞・社説
郵便局長会 顧客情報流用の究明を

郵便局が自民党の集票組織になったのは田中角栄氏の時代。そこから今でも言うことを聞くほど利害があるようだ。どんな利害なのか?素直にそこを掘り下げて知らせるだけで十分な仕事になる。なぜそれをしないのか?朝日にも利害があるのか?細かい目障りな話より本質の話を聞きたい。

朝日新聞・社説
外交文書公開 「湾岸外交」検証の時

湾岸戦争の話と文書公開の話を混ぜて取り上げたせいで判りづらい。重要な話だ。分けて話してほしかった。

毎日新聞・社説
オミクロンと大学入試 受験生への配慮欠かせぬ

ブレていると言われるほどの混乱ではないと思う。スピードがもっと上がればいいが、間違っているのに無理強いする過去の政権よりずっといい。

読売新聞・社説
後発薬の品不足 安定供給へ国が業界後押しを

日本衰退の縮図がここにも。不信が渦巻き、誰もが仕事で手を抜くことしか考えていない。結果が社会に悪影響を与えるほどサボリ癖が蔓延している。もう勤勉など世界が信じなくなる日は近い。Made in Japanがバカにされる時代に戻るだろう。

読売新聞・社説
防衛予算 効率的に抑止力強化を図れ

他紙から遅れること3日。政府擁護、アメリカ迎合だけなら遅れても聞きたくなかった。

毎日新聞・社説
遠山元議員を在宅起訴 法廷で不正の構図解明を

1日遅れることの価値棄損を毎日はまだ判っていない。昨日の他紙の主張で十分だ。

Comments are closed.