ORIZUME - オリズメ

4691.報道比較2021.11.27

4691.報道比較2021.11.27 はコメントを受け付けていません

マーケットが数か月先の未来を見ているなら、この冬に次のパンデミックは起きる。コロナ・ショック再び。断続的にウイルスに生活を乱される流れが数年はつづきそうだ。これがアフター・コロナの日常になるのだろう。

Wall Street Journal
ダウ900ドル超下落、新コロナ変異株を懸念 (2021.11.27)

感謝祭に届いた暗黒のプレゼント、市場への教訓に (2021.11.27)

南アで確認のコロナ変異株、WHOが「懸念される変異株」に指定 (2021.11.27)

コロナ変異株に市場動揺、米利上げシナリオ修正も (2021.11.27)

マーケットが数か月先の未来を見ているなら、この冬に次のパンデミックは起きる。コロナ・ショック再び。断続的にウイルスに生活を乱される流れが数年はつづきそうだ。これがアフター・コロナの日常になるのだろう。人はやがてそれを受け入れる。適応させるビジネスを生んだ人が稼ぐ。チャンスだ。

朝日新聞・社説
辺野古不承認 国の強権が招いた混迷

産経新聞・社説
辺野古の設計変更 知事は不承認を撤回せよ

自分の思いを脇において、真実としての結果をまずは政治も報道も明らかにしてくれないか?そんな原始時代のようなレベルの話が必要か?どこまで腐ったんだ日本は?

毎日新聞・社説
みずほ障害で最終処分 今度こそ悪弊絶つ刷新に

読売新聞・社説
みずほ行政処分 経営陣刷新で障害の根を断て

こんな話題になってからさらに追い討ちをかける報道をしても誰も救われない。ここまで20年以上もチャンスはあった。もっとも反省すべきは当事者だが、報道にも行政にも反省すべき点は多くあったはず。失敗は何度も逢ったが、利益率は新聞社や国家財政よりずっと健全だ。どう捉えるかだ。

朝日新聞・社説
核合意の再生 米イラン双方が妥協を

トランプ氏のやり方は乱暴だったが、いまのイランのやり方は当時のトランプ氏より理不尽。担いでいるヨーロッパはどう責任を取るつもりなのだろう?中国とロシアがいればさらにアメリカは強硬になるだろう。

読売新聞・社説
愛知の中3刺殺 事件の背景に何があったのか

昨日、毎日が下品なセンスで取り上げた話題。1日経た読売の方が落ち着いているが、ネットで見る情報はさらに踏み込んだ内容をすでに知らせている。下手に動くだけ無様な姿を晒す。やめておけばいいのに。

毎日新聞・社説
職場で「ヘイト文書」配布 企業の人権侵害許されぬ

思想は自由かもしれないが、発信するからには責任を取ってもらおう。顧客も取引先も失うだろうに、なぜこんなことを?不思議。

Comments are closed.