ORIZUME - オリズメ

4683.報道比較2021.11.19

4683.報道比較2021.11.19 はコメントを受け付けていません

中国の脅威は線形に、確実に増している。アメリカに追いつく時期も正確に把握できる段階に入った。中国国内はいたって平穏。静かなままなら、この路線はつづく。どれだけアメリカが騒いでも。

Wall Street Journal
中国の核軍拡に危機感、米が探る「戦略的安定」 (2021.11.19)

習近平主席はいかに中国の歴史を塗りかえたか (2021.11.18)

中国の脅威は線形に、確実に増している。アメリカに追いつく時期も正確に把握できる段階に入った。追われ、やがて抜かれる可能性も感じるアメリカの怯えは強い。それ以上に中国の横暴さは目に余る。中国国内はいたって平穏。静かなままなら、この路線はつづく。どれだけアメリカが騒いでも。

読売新聞・社説
介護費用増大 制度の持続に知恵を絞りたい

介護は真剣に考えた方がいい話題。パンデミックが落ち着いている間に少しでも進めておくべきテーマだ。だが、論点は変わらないのに話はまったく進んでいない。財源、人材不足、コスト増なのに賃金が低い。早急に考えないと、こどもが介護で学校に行けない事態までになっている。高い支持率の時にこそできる仕事だが、安倍氏、菅氏はまったく仕事をしなかった。岸田氏はやるだろうか?期待値は低い。

読売新聞・社説
コロナ追加接種 説明と準備尽くし混乱避けよ

問題は以前と一緒で、ワクチンがいつどれだけ届くかを把握できないのだろう。また同じ批判を受けたくない行政が逃げている。仕事をしていないのは誰だ?

毎日新聞・社説
日大の背任事件 理事長は説明しけじめを

昨日、朝日が取り上げた話題。朝日より質が下がっている。遅いと思っていたのに質を劣化させるとは毎日は何をしているのか。まったく仕事になっていない。

朝日新聞・社説
文通費見直し 使途公開の義務づけも

こちらは昨日、毎日が選んだトピック。朝日と毎日で話題を取り換えただけのように同じことを言っている。ならば結託して政治に提案したらどうだろう?そういう時だけ中立などと言い訳をするのだろう。中途半端だ。週刊誌の方がずっといい仕事をしている。

朝日新聞・社説
旅行支援策 感染拡大防止を万全に

いつの間にかGoToは効果があった政策と決めつけているが本当か?旅行や飲食を支援したい気持ちと、利用者まで巻き込んで支持率を上げようとする発想が混同している。素直に支援金を配った方が確実のはず。

毎日新聞・社説
フェイスブック内部告発 社会への責任が問われる

ずいぶん前の話題。日本の新聞の仕事の遅さが判るだけの社説。

Comments are closed.