ORIZUME - オリズメ

4678.報道比較2021.11.14

4678.報道比較2021.11.14 はコメントを受け付けていません

私には、ザッカーバーグ氏の言っていることがまったく判らない。ジェフ・ベゾス氏やイーロン・マスク氏が宇宙に投資するより理解できない。これがITの次の開拓地と言うなら、私はまったく興味がない。

Wall Street Journal
仮想空間「メタバース」テク大手が狙う次の宝箱 (2021.11.10)

私には、ザッカーバーグ氏の言っていることがまったく判らない。ジェフ・ベゾス氏やイーロン・マスク氏が宇宙に投資するより理解できない。これがITの次の開拓地と言うなら、私はまったく興味がない。ゲームには未来を感じるが、仮想空間には何も見えない。そこに新世界を作ると言う発想がまた謎だ。私の感覚が古いならどこかで訂正したいが、あと3年はかかるだろう。そこまでに何かが生まれる気がしない。

Wall Street Journal
使用済みペットボトル、ごみから注目商品に (2021.11.10)

このトレンドは、時代を変える。地球温暖化よりずっと早くペットボトルの回収スキームが確立するだろう。もうキャズムを越えつつある。炭素税やCO2削減が目指すべきは、この流れを作ることだ。投資や税ではない。

朝日新聞・社説
コロナ下の留学 受け入れに知恵絞って

昨日も書いたが、なぜ感染が拡大し、何が原因で収束したのかが判らないから何をやるにも決断できない。もはや検査をやろうという意志さえ見えなくなってきた。状況を見出して事を進める気さえないということ。もはや近代国家でさえない。どこまで落ちぶれるのか。

毎日新聞・社説
中国共産党の歴史決議 国際協調乱す独善は困る

昨日、読売が取り上げた話題。過去の話ばかりしていた読売よりは半歩前進。だが日本が考えることまではまったく見えない。騒いでいるだけ。

毎日新聞・社説
HPVワクチンの再開 丁寧な説明と支援が前提

求める安全の定義がブレるから方針が定まらない。行政が目の前の評判だけを気にして判断を変えるからだ。今下院変更も本質の話に答えが出たからではないだろう。また副作用で被害が拡がったらすぐ翻意するに違いない。見え透いている。

読売新聞・社説
東芝3分割計画 経営の迷走に終止符打てるか

昨日、Wall Street Journalが他社も含めて取り上げていた話題。日本の一般紙が書くレベルはこの程度だろう。これで投資を判断すると大失敗するのも判る。東芝内の発想もこの程度だろうか?

Comments are closed.