ORIZUME - オリズメ

4672.報道比較2021.11.8

4672.報道比較2021.11.8 はコメントを受け付けていません

以前なら遠い国の不幸な出来事と他人事で済ませることができた話題だが、日本もそろそろ食料価格、インフレ、スタググレーションのような不幸が災害のようにインパクトを持つ脆弱な国になりつつある。

Wall Street Journal
世界で食料価格高騰、貧困層に大きなしわ寄せ (2021.11.8)

以前なら遠い国の不幸な出来事と他人事で済ませることができた話題だが、日本もそろそろ食料価格、インフレ、スタググレーションのような不幸が災害のようにインパクトを持つ脆弱な国になりつつある。配給の列はどんどん長くなり、エネルギーや食料の高騰が生活にすぐに痛みをもたらす。コロナよりも今の方が残酷だと嘆く世相は、日本にもこの冬に少しは伝染するだろう。

朝日新聞・社説
原子力規制委 自らを律し信頼確保を

いまの日本人に原発の管理・運用の能力はない。嘘が前提、信頼のない社会には困難だろう。嘘を許さないシステムに向かっているようだが、違う。嘘があると損をする、回らないシステムにすることだ。日本にはその発想もない。やめた方がいい。

毎日新聞・社説
福島復興と東電の責任 原発依存では果たせない

ダメだな。いまの東電に信任は得られないだろう。もし、福島の半分程度の事故だったとしても、いまの東電は収集できないだろう。そこまで弱った組織にはできることだけをやって福島復興を果たしてもらうべきだ。これが原発を使う重みだ。簡単に再稼働などと言えない責任を越えられてからでないと、次の再稼働を許すべきではない。

朝日新聞・社説
新政権と教育 現場の声聞き格差正せ

カネを配るよりも修学旅行を無料で回数を増やすとか、給食を無料にするとか、すでに目に見えるようになってしまった格差を埋めた方がいいのでは?部活動を支援してあげるとか、教育者の作業を軽減する派遣社員を雇えるようにしてあげるとか、家計に10万円配って親に使い込まれるより壊れたシステムを直すべき点がいっぱいあるのだが。

毎日新聞・社説
岸田政権の対中政策 不信感拭う対話の努力を

週末明けの気の抜けた社説。何の力もない。

読売新聞・社説
リニア建設工事 難所に向け安全対策の強化を

コロナの後遺症 専門外来と相談窓口が必要だ

はるか昔の話題と、思い付きの話題。痴呆か?

Comments are closed.