ORIZUME - オリズメ

4669.報道比較2021.11.5

4669.報道比較2021.11.5 はコメントを受け付けていません

中国のコロナ対策は世界でもっとも厳しい。それをさらに維持するようだ。生活保障ができる前提があれば国民も従順になる。その豊かさと政治体制がある今は幸運だ。他の世界に、その豊かさと制度を持っている国家はない。羨む国があっても不思議ではない。

Wall Street Journal
中国「ゼロコロナ」戦略の功罪、市民疲れ色濃く (2021.11.5)

中国のコロナ対策は世界でもっとも厳しい。それをさらに維持するようだ。オリンピック開催までは当然だろう。日本は理由もなく感染拡大、その後、収束した。理由の見えない変動は、中国政府の言うとおり不信と不安が拡がる。同じことの繰り返しなら、ゴールに着くまでずっと厳しいままの方が良いのかもしれない。生活保障ができる前提があれば国民も従順になる。その豊かさと政治体制がある今は幸運だ。他の世界に、その豊かさと制度を持っている国家はない。羨む国があっても不思議ではない。

産経新聞・社説
RCEP発効へ 対中リスクにも目向けよ

読売新聞・社説
RCEP発効へ 健全な成長を日本が主導せよ

脅威を感じているのは日本だけで中国は相手として意識していないのが現実では?他国が連携してようやく抑え込めるかが今の中国の存在。一国の都合で抗うのは不可能だろう。インドばかり気にしてオーストラリアとの連携を忘れているのが気になる。オーストラリアが中国にどういう態度を取るかが大きい。日本は考え方から間違っているのではないだろうか。

朝日新聞・社説
日中の世論 隣国への視座、冷静に

無理に話題をつくらなくてもいい。RFEPの話題をなぜ避ける?論点が偏っている。

朝日新聞・社説
立憲再出発 枝野氏頼み脱し地力を

いつまで選挙やってるのだ?とっくに終わった話だ。

毎日新聞・社説
COP26の首相演説 脱炭素で後退許されない

米国の量的緩和縮小 危機対応の出口一歩ずつ

海外紙が翻訳を終えて発信するより遅い。どんどん生産性が下がっている。内容も中学生レベル。海外紙を読むべきだ。

読売新聞・社説
熱海の土石流 捜査で責任の所在を明確に

他紙が選挙前には取り上げていた話題。遅過ぎる。

Comments are closed.