ORIZUME - オリズメ

4655.報道比較2021.10.22

4655.報道比較2021.10.22 はコメントを受け付けていません

来週には中国恒大集団のデフォルトが現実になっている。アメリカ株は織り込み終わったのか気にせず上げているが、予想どおりに他の中国不動産が危機に向かっている。この次が金融。そして財政。日本と同じ構図を辿るだろう。

Wall Street Journal
中国で社債デフォルト急増、危機広がる不動産業界 (2021.10.22)

中国の不動産税導入案、現れては消える不思議 (2021.10.21)

来週には中国恒大集団のデフォルトが現実になっている。アメリカ株は織り込み終わったのか気にせず上げているが、予想どおりに他の中国不動産が危機に向かっている。この次が金融。そして財政。日本と同じ構図を辿るだろう。どこかで夜明けは必ず来る。マーケットの底打ちは思ったより早そうだが、中国経済はどうだろう?孤立は想像以上に苦境を深刻化する気がする。

朝日新聞・社説
衆院選 福島の復興 向き合い方が試金石

産経新聞・社説
衆院選と経済 分配だけでは展望開けぬ 確かな成長への具体策を示せ

毎日新聞・社説
日本の選択 野党候補の一本化 「政権の形」もっと説明を

真面目に経済を方ったらまともな内容になった産経。安全保障への異質な感覚を除けば朝日や毎日とも大差ないことが判る。これは共産党にも言えること。どうしても相容れない部分を時間をかけて合意形成するのが政治だが、誰が考えても似たような結果になるなら決められることを決めて推進するのも政治だ。野党の合意形成も毎日のように小難しく考える必要はないと思う。密室でそれをやる一党の自民党と、オープンにやるといっている野党連合のどちらがいいのかだ。私は、どちらでもいい。汚い発想を政策に持ち込む議員が少なければ少ないほどいいだけ。その側面から見ると、やはり今回は野党か。

読売新聞・社説
熱海の土石流 盛り土の危険見過ごした行政

台湾半導体工場 日本進出を産業再興に生かせ

他紙が取り上げた話題を使ってでも選挙から目を反らそうとする読売。トピックが小粒でむしろ選挙が目立つ。投票率を下げたいということか。同じことをNHK含めたテレビもやっている。そんなに自民党と癒着してるのか?

朝日新聞・社説
ミャンマー 地域で孤立を選ぶのか

毎日新聞・社説
アフガンの人道危機 国際社会は支援最優先で

どういう主旨で朝日と毎日がこういう話題とピックアップしているか不明。思い出したように大きな発表があった時だけ触れてもまったく無益だ。

Comments are closed.