ORIZUME - オリズメ

4654.EVシフト体験談9 初車検。想像よりずいぶん安い。高いのは法定費用と実感

0

EVシフトでTesla Model Sとの暮らしを振り返る、その9。

4650.EVシフト体験談8 緊急連絡、いい感じ。フェアでシンプルなリペア入出庫

初車検。
私は民間の修理工場にもお付き合いがあるので、どちらに依頼しようか悩んだのですが、はじめてということと、リコールのeMMC(ディスプレイからごっそりセンター・コンソール交換)の相談もあったので、今回はTeslaに依頼することにしました。
ちなみに、Teslaとしては、自社以外で車検を出すことも「お好きにどうぞ。まったく気にしません」というスタンスみたいです。他のブランドでは、ここも大事なビジネスと露骨にイヤな顔をするところも多いですが。オープンでうれしい。

eMMCの交換は、半導体不足が影響して、ディスプレイの入荷目処が立たず…延期となりました。

予約は、いつものようにAppから。修理のリクエストといっしょです。
画像がアップロードできるのは、不具合がある時には伝えやすそうです。

希望予定を伝えます。

お返事もメッセージで。概算の見積もいっしょに。
想像より安い。ほとんど整備するものはなく、法定費用だけに近いです。
クルマの維持で国家にかかるカネを下げろとトヨタの社長が叫ぶ理由が判ります。

オイル、(エンジンが使う)バッテリーはないので、消耗品はゼロ。
ブレーキは回生を使うのでほとんど減りません。1ミリ以下でした。消耗品から、スクラップまで一度も交換しなくていい部品になるのでは?
交換はワイパー・ブレードくらい。
気になるバッテリーの耐用年数は、公式にもコミットメントしてるんで安心?70%のバッテリー容量っていうのが、どれくらいの不便かは判りませんが、海外の情報を見ると、気にせず楽しめるかな?と推測。

車両保証 by テスラジャパン

Teslaの電気自動車のバッテリー劣化状況調査結果が公表される by スラド

予定の時間に工場へ。

作業の間は、Appの表示が変わります。

クルマが返ってきたら、後で車検証とガラスに貼るシールが届きます。

むむ??とシールの仕組みにはなりましたが、まあ…少し考えたらできました。

これくらいの作業だと、Teslaにしてみても別の整備工場でやってもらっても全然構わないと思うレベルの仕事かも。
それほど何も見るところないみたいですし、消耗もしない、異常があればオンラインで検知、おかしなことはOTAでアップデートとなれば、もう2年に一度、チェックしてもらうことって…あるんでしょうか?
EVになって、車検というシステム自体が見直しになってくれることを期待します。

So, what do you think ?