ORIZUME - オリズメ

4652.報道比較2021.10.20

4652.報道比較2021.10.20 はコメントを受け付けていません

「別のことがしたければ、ひどく難しいことではない」という一言が、日本から見ればまったく違う風景。これなら日本を捨てて海外に行った方がいいという選択肢を探すのも無駄ではない。

Wall Street Journal
米で離職者が過去最多 何が起きているのか (2021.10.18)

「別のことがしたければ、ひどく難しいことではない」という一言が、日本から見ればまったく違う風景。これなら日本を捨てて海外に行った方がいいという選択肢を探すのも無駄ではない。10年前で比べると、アメリカの給料は1.5倍に自然増している。日本は?30年増えていない。ビザの問題?英語?日本の非正規に留まっているのとどちらがいいのか?やるか、やらないかだけだ。

Wall Street Journal
米政権、PFASを有害物質に認定へ (2021.10.19)

これは日本の米軍基地から漏れ出した物質。自国で有害物質認定なら、米軍基地はアメリカの法で動いているはず。適切に有害物質として処理してもらおう。

朝日新聞・社説
コロナ新方針 細部を固め空白埋めよ

衆議院選挙のタイミングで現政府の仕事を取り上げるのは正しいが、政府は大した仕事はしていない。朝日の検証も骨抜きの印象。コロナ対策は落ち着いている。慎重さは求められるだろうが、解散して仕切り直してからでいいのでは?いま無理に動かす仕事よりも選挙の話題としての経済も含めたコロナ対策を議論する余裕はあると思う。

朝日新聞・社説
衆院選 経済対策 財政規律も忘れずに

産経新聞・社説
衆院選公示 国民を守り抜くのは誰か 「台湾危機」への備えを語れ

毎日新聞・社説
日本の選択 「脱炭素」への戦略 原発の位置付けが焦点だ

読売新聞・社説
衆院選公示 将来への責任感が問われる

朝日は財政。言っている事は正しい。いまのマーケットで進んでいる円安に不安を感じる人は多いだろう。だが、朝日が指摘するとおり政党の選択肢がない。どこもバラマキだからだ。これでは苦言に終わる。悪いのは朝日ではなく政党。選択肢にならないとは話にならない。
産経の価値観は共産党並みにずれている。自民党に任せた方がアメリカの属国かが進むだけで産経が言うとおりのシナリオに沿うとは思えないが。いつ起きるか判らないことより、すでに30年も国が壊れていることを後回しにするとは、北朝鮮のようだ。
毎日の連載は連日、まったく使えない。政党の話を並べるだけならネットで見れば済む。社説に求められるニーズを自ら放棄している。エネルギー政策は判りやすいテーマのはず。その話題でこれでは仕事になっていない。
読売はまだスタート地点か?どれだけノロマなのか。じっくり考えればいいと構えているのだろうか?この悠長さが余裕に感じられる時代はとっくに過ぎ去った。
どの新聞を見ても、使い物にならない。これで数日過ぎると飽きたように話題を放り出すだろう。沈没だな。

Comments are closed.