ORIZUME - オリズメ

4632.報道比較2021.10.1

4632.報道比較2021.10.1 はコメントを受け付けていません

守るべき伝統など、多様性の前では力なく尽きる。抵抗する姿は老害の一言。

Wall Street Journal
中国「一帯一路」、隠れ債務など問題山積 米研究所 (2021.9.30)

石炭・天然ガス不足、中国政府の思惑に試練 (2021.9.30)

中国の電力制限、インフレ圧力に拍車 (2021.10.1)

バイデン大統領のオイルショック (2021.9.30)

中国の内政がらみでの経済を締めつけが気候変動問題にリンクしはじめた。さらに世界のエネルギー価格、半導体精算にも波及している。だが、だからといって中国の横暴を許容するとの感情は生まれていない。中国なしで経済を動かす仕組みを世界が模索している。中国が変化を求められているのだが気づいていない。冷戦はさらに進む。

朝日新聞・社説
白鵬の引退 問われる相撲界の将来

毎日新聞・社説
横綱・白鵬の引退 苦境続く大相撲を支えた

読売新聞・社説
白鵬引退 比類なき強さで土俵を支えた

朝日がずいぶん踏み込んでいるが、相撲にまったく興味のない私の感覚は朝日に賛成。世界のどの国にも国技のように愛されるスポーツがあるだろうし、外国人が活躍するのが気に入らないという風潮があるものだが、さらに人気を集め、発展しているのは、寛容で開かれた環境を作ったものだけだ。社会も、経済活動も、スポーツも、教育も、どんな場所でもこの地球上は多様性が最大の価値になる。それは人間の世界だけでなく、生物全体を観察しても明らかだ。守るべき伝統など、多様性の前では力なく尽きる。抵抗する姿は老害の一言。

朝日新聞・社説
デジタル庁 接待の実態を明らかに

できて早々の醜聞。作らなければ良かったと1年以内に言われるだろう。最初はこんな話で批判されるが、やがてザルのような予算に、そしてできあがったサービスのレベルの低さで批判される。みずほよりひどくなるのは目に見えている。
朝日は文春に頼らずに自ら取材して情報を得るべきだ。仕事をしていないという点で批判している人たちと一緒。仕事をしてほしい。

読売新聞・社説
「極超音速」発射 北ミサイルの多様化は脅威だ

主張したいのは韓国批判?主旨が見えない。

Comments are closed.