ORIZUME - オリズメ

4628.報道比較2021.9.27

4628.報道比較2021.9.27 はコメントを受け付けていません

Wall Street JournalはFacebookのネガティブ・キャンペーンをやっているのか?と思えるほどあふれるFacebookの醜聞。この不愉快な存在とどう関わるか。問題だ。

Wall Street Journal
FBに巣くう麻薬・人身売買組織、放置される実態 (2021.9.22)

FBが広めたワクチン忌避、CEOの熱意反映されず (2021.9.24)

フェイスブック、最大の依存症患者は投資家 (2021.9.20)

FBが著名人を極秘で特別扱い、規定逃れの実態 (2021.9.14)

インスタグラムは10代少女に有害=内部資料 (2021.9.15)

FBアルゴリズム変更、怒り増幅の副作用 (2021.9.21)

Wall Street JournalはFacebookのネガティブ・キャンペーンをやっているのか?と思えるほどあふれるFacebookの醜聞。私はずいぶん前からアカウントを放置しているし、もはや興味よりは嫌悪の方が強い。もともと仕事の興味からはじまり、使おうとすれば貧弱なテクノロジーと気が散る環境にうんざりしていたから、私はあっさりと手放した。SNS全体に私は似たような拒絶感を感じているから、明日なくなっても困らない。むしろ消えた方がいいとさえ思う。投資家が夢中になる理由は判る。タバコやアルコール並みに手堅い投資先だろう。規制ひとつでEvergrandeのようになるかもしれないが、非上場でも生き長らえるだけのビジネス・モデルは、Facebookにはある。関わり方の問題だ。

読売新聞・社説
高校生の就職 主体的に仕事を選べる環境に

省庁の動きを追っただけのものだが、高校生の就職活動が学校と企業の思惑で慣例が決められているのは大いに違和感がある。こういう習慣を作るから活性化が失われる。競争がすべてとは思わないが、可能性を大きく損ねている。改められるべきだろう。素晴らしい視点だ。

朝日新聞・社説
香港の自由 「愛国」装う弾圧やめよ

言っている事は正しいのかもしれないが、思い付きで動いても効果はない。無責任な主張は避けてほしい。本気で活動している人たちに失礼な結果になる。

朝日新聞・社説
河井陣営資金 これで幕引き許されぬ

このあたりの話題をメディアと野党が同じ軸で取り上げられれば、衆議院選挙の結果に影響を与えられるだろう。楽しみだ。

読売新聞・社説
がん手術の減少 コロナ治療との両立が必要だ

問題意識は判るが、電話でがん検診を相談して価値があるとは思えない。忙しそうにしている医院を邪魔したくないという発想や、当然、感染を恐れる気持ちもある。外出さえ控えろと言われている中で、非現実的な提案をしている。

毎日新聞・社説
中台のTPP加入申請 対立持ち込まない知恵を

他紙から数日遅れて試験の模範解答のような非現実的な内容しか書けない毎日。まったく使えない。

毎日新聞・社説
労災認定基準の見直し 過労死なくす努力さらに

まったく心を感じない内容。毎日社内にも後ろ暗いことがあるのだろうか?

Comments are closed.