ORIZUME - オリズメ

4626.報道比較2021.9.25

4626.報道比較2021.9.25 はコメントを受け付けていません
No TPP

CC Attribution, Photo by SumOfUs via flickr

トランプ氏のミスを指摘し、バイデン氏にTPP加入を求めるWall Street Journal。理性的だがバイデン政権には荷が重いのでは?

Wall Street Journal
AUKUSへの中国の対抗策 (2021.9.24)

産経新聞・社説
台湾TPP申請 日本は全面的な後押しを

読売新聞・社説
台湾TPP申請 ルールに沿って検討したい

トランプ氏のミスを指摘し、バイデン氏にTPP加入を求めるWall Street Journal。中国への対抗手段としてTPPをかなり評価している。AUKUSという軍事的アプローチとTPPの経済的アプローチの共用を期待するあたり、理性的だがバイデン政権には荷が重いのでは?できると期待している素振りも見えないのが残念だ。
国内紙のレベルの低さには呆れる。大人と子ども以上の差。政治もこのレベルで差がついているから対外的に話がまとまらないのだろう。情けない。

朝日新聞・社説
メルケル引退へ 協調築く外交、継承を

誠実の一言が似合う、すばらしいリーダーだった。間違った時に認めて訂正すること、信念は揺らがないことが印象に残っている。近年の日本の首相など比べるにも値しない。アメリカ大統領にさえ勝るリーダーシップを何度も見せてくれた。こういう人物がこれからどんな人生を歩むのか、興味深い。

毎日新聞・社説
裁判封じた送還「違憲」 人権無視した入管を糾弾

入管にはどこまでも闇が広がっている。徹底的に調べた方がいい。原発よりひどいことになっている。この呆れる体質を解体すべきだ。管轄が法務省?呆れる。

毎日新聞・社説
みずほシステムの管理 国に安定運用の重い責任

判ったような話にまとまっているが、どうでもいい話ばかりでもある。預金を引き上げて逃げ出すのがもっとも効果的で効き目のある手段。業務改善命令が出ている今ごろが最後のチャンスかもしれない。やがて株価が下がり、準備預金が目減りすれば格付けが下がる。どこかで見た風景がみずほに迫っていると見るべきだ。

朝日新聞・社説
総裁選と防災 市民を守る政策競え

読売新聞・社説
自民党総裁選 国民の安心を取り戻す論戦に

すでに飽きられていると自民党は気づいているだろうか?Googleのトレンド、SNSからも自民党総裁選関連の話題は消えた。社会がどうでもいい、誰がやっても同じと思いっている。自民党にとって衆議院選挙は危うい。

Comments are closed.