ORIZUME - オリズメ

4562.EVシフト体験談6 はじめての遠出の初日は雨。それでも100kmくらいならドキドキもなく

0

EVシフトでTesla Model Sとの暮らしを振り返る、その6。

前回は、こちら

Appで残りの残量を確認しながら、だいたい隔週ペースで買い物ついでにチャージすればいいことが判ったEVライフ。
1年経った今でも、NCS会員にならずに楽しめています。
ガソリン代より高い月額会費はいらない…その気持ちを決定づけたのが、最初の遠出でした。
(200kmを越えるような遠出をたくさんする人は、また違う判断になると思うので、あくまで参考程度に…)

パンデミックの雰囲気が確実になって、もっともウイルスに恐怖を感じていた時期。
こりゃ春の連休は悲惨だな…と予測して、県内なら大丈夫か?キャンプなら安心?と思案しながら、快く受け入れてもらえたので、県内のキャンプ場へ。

距離から考えれば余裕。だけど、途中でチャージする場所はない。
翌日は、スーパーチャージャーのある場所を回れる。
一泊した時にどれくらい残ってるかで、次の日の予定を決めよう。
それくらいの感覚で安直に考えてましたが、充電スポットに目星をつけておけば、それほど神経質にならなくても十分になんとかなります。

事前準備で、なるべくいっぱい充電。それでも満充電にはこだわらず。

出発当日は、雨。
エアコン、デフロスター、ワイパーと、それなりにパワーを取られるぞ…と思ったとおりですが、予定の30%上乗せくらいのバッテリー消耗レベルで到着。
他にお客さんがまったくいませんでしたが、雨の中、親切にしていただきました。

半分チャージが残ってるので、明日の予定は天気次第に。
次の目的地がスーパーチャージャー近隣なので、着いた時に決めればいいや…くらいのゆるい予定に。
家族旅行なので、エアコンを我慢とかせずに、フツーに快適に楽しんでも心配なかったです。

翌日は、雨も上がって、日差しも強くなかったので、エアコンもほとんど使わず。
目的地に着いても、先に充電したくなるほどの心配もなく、用事を済ませて最後にスーパーチャージャーへ。

やっぱ、スーパーチャージャーは速い。軽い。何もかもが快適。
今までCHAdeMOの重いアダプタでつないで、認証やらいろいろ操作してましたが、スーパーチャージャーは、空いてるところに停めて、細くて軽いコネクタを挿したらすぐにチャージ開始。

おまけに速い。どんどんチャージされていく。ああ…こりゃ快適だ…これが増えてほしい。日本中に。
旅行先をスーパーチャージャーの存在で選ぶ可能性が十分にある。
スーパーチャージャーを巡る旅でもしようか?と思えるほど、夢が広がる。
こうじゃなきゃEVライフじゃないよなあ…と、あるべき姿を見せつけられた印象でした。

So, what do you think ?