ORIZUME - オリズメ

4543.報道比較2021.7.8

4543.報道比較2021.7.8 はコメントを受け付けていません

検察のおかしな不起訴判断に、当然のノーをメディアが一斉に訴えている。政治的な思惑と老害により、久しぶりに見る光景。検察はまたペンキでもかけられないと目が覚めないのか、政治的配慮のようなあるまじき判断が多い。

Wall Street Journal
OPEC交渉難航、背景に「脱石油」目指すUAEの新戦略 (2021.7.8)

OPECプラス、原油市場の支配を取り戻すには (2021.7.7)

OPEC増産と国内減産を要求するバイデン氏の矛盾 (2021.7.7)

オイルが少し不安定だ。アメリカが矛盾を抱えた政策を並行させていることと、UAEが生き残りをかけて新戦略を模索していること、それをサウジアラビアのような旧権力者が不快に思っていることだ。ここにイランやロシアの名は出てこない。今まで安定していたはずの場所が不安定になっている。さらにトラブル・メーカーが事を見出したら、マーケットはさらに揺れるだろう。アフター・コロナの大事な時期。気をつけたい。

朝日新聞・社説
河井夫妻事件 受領者不問とはいかぬ

毎日新聞・社説
河井事件で100人不起訴 納得できない検察の判断

読売新聞・社説
100人不起訴 検察の判断は理解に苦しむ

検察のおかしな不起訴判断に、当然のノーをメディアが一斉に訴えている。政治的な思惑と老害により、久しぶりに見る光景。またペンキでもかけられないと目が覚めないのか、検察の政治的配慮のようなあるまじき判断が多い。安倍政権がここまで日本を壊したなら重罪だが、壊れる土壌が日本人の無責任さの中にあったのだろう。徹底的に糾弾、組織として叩くべきだ。こうなった原因もまた見出すべきだろう。

朝日新聞・社説
日ロ関係 ご都合主義は通らない

語るほどの話題ではない。朝日の批判が安倍氏批判が前提でなければいいが。たしかに安倍氏のロシア外交は最悪。時計が止まったどころか逆転するほど国交を後退させた。中国、韓国との関係も破滅的な状況。安倍政権の失態を本気で検証すべきでは?

産経新聞・社説
土石流被害 盛り土の安全対策を急げ

毎日新聞・社説
土石流災害と盛り土 危険箇所の洗い出し急務

昨日、読売が取り上げていた内容をコピペしたかのようだ。新しい情報がない。昨日の名簿の話とは優先順位が逆だと思う。産経も参加しているが、コロナでも災害に配慮せよと警鐘を鳴らしていたのは産経と毎日。会議室で思い付いただけで調べもしなかったということか。役所の取材だけでもしていれば、似た事例はいくつも日本国内にありそうだが。事が起きてから騒ぐ報道にはうんざりしている。先行してほしい。

読売新聞・社説
コロナワクチン 国は円滑な供給に全力挙げよ

昨日の朝日を追随。読売でも政府批判するほどの失態。おそらくワクチンがないのだろう。オリンピックを前に、ないとはみっともなくて言えない。その程度の陳腐な行政をしている気がする。なぜそうなるのか?権力だけで強行すれば何でもできると思っている素人政治家ばかりだからだ。しかも嘘つき。悪夢の民主党より悪質。

Comments are closed.