ORIZUME - オリズメ

4531.報道比較2021.6.26

4531.報道比較2021.6.26 はコメントを受け付けていません

香港の問題は、どこが分岐点だったかであって、経緯を追えばいいのではない。反省と軌道修正が必要だ。

Wall Street Journal
米軍撤退でアフガンに待ち受ける悲劇 (2021.6.25)

昨日までも、ここ数日Wall Street Journalはアフガニスタンの悲惨な現状と、バイデン政権の方針に警鐘を鳴らしてきた。

CIA元スパイ、アフガンに置き去り 活動証明できず

アフガン政権、米軍撤退後半年で崩壊も 情報当局が分析

9.11までに撤退という、政治的な勲章以外の意味を余り持たない決断は、世界中から心配され、当事者のアフガニスタンからもアメリカからも慎重な意見が増えている。バイデン氏は翻意した方がいい気がする。せめて立ち止まるべきだ。

Wall Street Journal
蘋果日報最後の日、市民も涙 「また会う日まで」 (2021.6.25)

連日、蘋果日報の話題に取り組むWall Street Journal。気合いを感じる。それでも、中国政府への抵抗力は大きく下がっている。すでに民意が国家権力に対峙する図式さえ描けない。最初を思えば、ここまで簡単に屈服するはずはなかった。筆者が語るべきは、どこが分岐点だったかであって、ここまでの経緯を追えばいいのではない。文句を言わせないほどのパワーを中国が持ったと言えばそれまでだが、トランプ氏とジョンソン氏の時代があったこと。そのタイミングに中国は一気に行動したことは見逃せない。Wall Street Journalの検証が読みたい。

産経新聞・社説
東芝の株主総会 経営の混乱を食い止めよ

毎日新聞・社説
東芝議長の再任否決 統治の不全が混乱招いた

読売新聞・社説
東芝株主総会 企業統治への不信が極まった

日本型経営、日本型の保身、日本型癒着の典型。このやり方で稼げなくなり、変化に適応しなければならなかったことにこれで気づくだろうか。

朝日新聞・社説
都議選告示 くらし一変、重い一票

毎日新聞・社説
東京都議選が告示 コロナと五輪が問われる

読売新聞・社説
東京都議選告示 コロナと五輪以外でも論戦を

判りやすいとは思えない選挙になりそうだ。論点どころか公約に政党としての意思統一さえ見えない。ならば人で選ぶのか?人で選んで議論が分散して答えを出せないから政党が存在するのではないのか?何のための所属政党なのか。新聞もこれから情報を集めるのかもしれないが、コロナというシンプルな論点への候補者の意見も政党の方針もまとめ切れていない。こういう混乱に語る人の言葉は信頼度が下がる。適切に記録し、実働の際に備えた方がいい。それはメディアの仕事。まともな仕事をしてほしい。

朝日新聞・社説
職域接種 状況の変化 十分説明を

予想どおり。何をやっても仕切れない人たちの仕事。仕事ができなくなっているのは旧民主党だけではないことをしっかり見た方がいい。他の仕事も回っているように見えていただけ。ゴリ押しとカネで動かしていたに過ぎない。衆議院選挙までの、その点を明確に見せつけた方がいい。

Comments are closed.