ORIZUME - オリズメ

4528.EVシフト体験談4 ネットでクルマが買える。納車まで来店不要

0

EVシフトでTesla Model Sとの暮らしを振り返る、その4。

前回は、こちら

駐車場も見つけて、車庫も何とかなる。
お金の段取りも整ったので、いよいよ購入。

クルマの場合、好き嫌いは別にして、ここから店頭で駆け引きがあったり、煩雑な手続き、いろんな書類を準備して、車庫証明、保険、保証、下取り…何かと手間をかけて手に入れるんですが、Teslaは一度も来店せずにクルマが納車されました。
必要書類は役所も関係する手続きなので、もちろんいろいろしなければならないんですが、相談や書類の記入のために来店や担当者の訪問は、一切不要。完全にオンラインで完結。私には、とても快適でした。

まず注文。予約金がかかる(購入代金の一部ではない。返金不可)

最初に、気に入るクルマを探します。
ディーラーという概念がないので、日本全国どこでもオンラインで探して注文。シンプルです。

私は、今回は中古を選択しました。

スーパーチャージャーや、保証の条件は、時々刻々と変わるらしいです。
いま思えば、フルオートパイロット(後で付けると100万円程度必要)のオプションがとても安かったので、付けなかったことを後悔してます。

新車なら、カスタマイズを楽しむことができます。合わせて納期が変わります。
PCを買う時みたいな気分ですね。

書いてあるとおり15,000円の予約金をクレジットカードで支払います。
このおカネ、キャンセルしても返ってきません。試しにポチることはできないです。
また、これはクルマの代金の一部でもないです。あくまで予約するためのコストです。
一般的なEコマースのようにカード情報などを入力していくと…

気軽にクルマが買えちゃいます。
たぶん、売る時(手放す・下取り)も、こんな感じなんだろうなあ…

デリバリーを専任チームがサポート(10万円)

ここから、デリバリーチームという方々が、好みのやり方でサポートしてくれます。
私はメールが多かったですね。

こんな手続きのための書類が届きます。

  • 代金を払う。カードで決済できる金額ではないので、シティバンク(今では日本法人なし。海外送金)のテスラに振り込み
  • 法定手続きのための委任状、印鑑証明などを準備して返送する。
  • 車庫証明のための書類を整えて返送する。
  • 下取りも、一応見積もりしてもらいました。利用はしませんでした。していたら、専任の方が取りに来たのかなあ?

私はローンではなかったのと、中古なので納車日を決めたら、不動産屋(駐車場)、役所を回ったくらいです。
すると、すぐに納車日などが決まりました。
このあたり、当然のようにWebのマイページでいつでも確認できます。

Appは…

納車されてからみたいです。

このデリバリーのためのコストが、クルマとは別に10万円。
私は、明朗会計でいいと思ってます。
こっそりクルマの値段に入れて見えないようにもできるでしょうが、あえて見せるのは、私にはポジティブでした。
(ひょっとすると、新車/中古車、下取りの有無などで、金額が変動する?かも)

あとは、納車を待つのみ。一度も来店せずに。
シンプルですばらしい体験でした。

So, what do you think ?