ORIZUME - オリズメ

4513.報道比較2021.6.11

4513.報道比較2021.6.11 はコメントを受け付けていません

いま、アメリカの労働市場は売り手主導。在宅勤務の快適さに慣れ切った人たちが通勤を嫌がっている。これで生産性は維持されるのか?テクノロジーで?まだ伸び代はあるだろうか?それほどまでに、今までの労働には無駄が多かったということだろうか?

Wall Street Journal
ハイブリッド型勤務が次の主流、たとえ「面倒」でも (2021.6.9)

いま、アメリカの労働市場は売り手主導。昨日のとおり助成金があるせいで失業状態を維持する発想もある。さらに在宅勤務の快適さに慣れ切った人たちが通勤を嫌がっている。これで生産性は維持されるのか?テクノロジーで?まだ伸び代はあるだろうか?それほどまでに、今までの労働には無駄が多かったということだろうか?

朝日新聞・社説
骨太方針原案 負担の論議 本格化を

来年にはいなくなっている首相だ。この方針も来年には刷新されるだろう。

朝日新聞・社説
ワクチン格差 是正は先進国の責務だ

冷静になって考えた方がいい。理想は判る。占有もダメだ。先進国も開放を想定しているだろう。だが、つくればいい、送ればいい、ではないのは、日本国内を見れば判ることだ。あれだけほしがっていたものが、手に入れば接種ができない、接種できるようになったらガラガラになる。権力者が圧力をかけたところで、事態は好転などしない。仕組みもないのに特許を開放しても、無償譲渡しても無駄になるだけだ。仕組みを作るところが、もっとも難しい。

毎日新聞・社説
豪雨と防災情報 避難行動に役立つ運用を

毎日が思い付きでサービスが悪いと吠えているカスタマーに見える。自治体も義務とはいえ大変だ。民間と協力してやれることを分担した方がいい。いまの体力で自治体がこれだけの能力を災害のために備えるのは困難だ。

毎日新聞・社説
男性の育休制度拡充 取りやすい職場増やそう

嫌がらせ?どれだけ日本の社会は陰険なのか。やめて再出発できる仕組みとともに推進してほしい。言ってる毎日の男性育児休暇取得率は?

読売新聞・社説
職場でワクチン 打ち手の確保に知恵を絞れ

農業の環境戦略 有機栽培で脱炭素の後押しを

どちらも良さそうな話に見えて、読み解いていくと概要しか触れていない。思い付きで動いているから細部に地雷がいくつも見える。素人が見ても、だ。ということは、実現にはさらに多くの障害があるだろう。おそらく政府が気ままにやっているやり方を告知しているだけなのだろう。こんな仕事の仕方が、日本の仕事か。素人集団の民主党よりひどい。

Comments are closed.