ORIZUME - オリズメ

4493.報道比較2021.5.25

4493.報道比較2021.5.25 はコメントを受け付けていません

メディアには目利きとしての能力は必要だが、それは思想の選別ではない。メディアが思想を混ぜたら、それは媒体ではなく、拡声器になる。メディアとして失格だ。

Wall Street Journal
ペンス氏著書契約に社員反発、揺れる出版社 (2021.5.24)

メディアには目利きとしての能力は必要だが、それは思想の選別ではない。社会に対して伝えるべき内容か、それだけの品質を持っているかの判断だ。思想はむしろ多様に、少しでも多くの考え方を集められるのが理想だ。その意味で、サイモン・アンド・シュスターの状況は良くない。メディアが思想を混ぜたら、それは媒体ではなく、拡声器になる。メディアとして失格だ。

朝日新聞・社説
大規模接種 自治体と並行し着実に

毎日新聞・社説
ワクチン接種の拡大 目詰まりの解消に全力を

読売新聞・社説
大規模接種 スピード重視で流行を抑えよ

制御可能な状態で急いでいるか。私たちがチェックすべきはその一点だけだ。管理不能になったら事故が起きる。その可能性は、今までの無能な仕事を見る限り、かなり高い。注意した方がいい。

Wall Street Journal
米韓首脳会談の悪い知らせ=ボルトン氏 (2021.5.24)

毎日新聞・社説
バイデン・文会談 日米韓連携を固め直す時

読売新聞・社説
米韓首脳会談 北の非核化へ協調が問われる

国内紙は注目している割に、内容は薄い。台湾への記載があった程度か?残りの任期を考えれば当然だが。日本に事前に何か動いた形跡はない。そんな余裕もないのだろう。Wall Street Journalには、前政権にも関わったボルトン氏から苦言が。Wall Street Journalは新聞として言うことはないほど会談に価値を見出せなかったのだろう。そして、ボルトン氏の言う大統領の戦略にも。

朝日新聞・社説
ガザ停戦合意 和平交渉の足がかりに

こういう情緒だけの話にすべきではない。

Comments are closed.