ORIZUME - オリズメ

4473.報道比較2021.5.7

4473.報道比較2021.5.7 はコメントを受け付けていません

Wall Street Journalがインフレにここまで明確に危機感を示したのは、本気の警告だろう。中国との冷戦がはじまっている時期だけに、事態はさらに深刻になりやすい。日本はおそらくウイルスへの対応同様に無防備になるだろう。

Wall Street Journal
インフレ時代への大転換、5つの予兆 (2021.5.6)

Wall Street Journalがインフレにここまで明確に危機感を示したのは、本気の警告だろう。Wall Street Journalの危機感は正しい。抑えられなくなる物価上昇は、世界を巻き込んだ悪夢になる。場合によっては戦争まで発展する。FRBはその危機感を少しずつ認識しはじめている。ということは、予兆はあるということ。中国との冷戦がはじまっている時期だけに、事態はさらに深刻になりやすい。日本はおそらくウイルスへの対応同様に無防備になるだろう。対策を。稼げる能力をつけて、世界へ出るべきだ。

朝日新聞・社説
憲法審査会 合意重視の原点忘れず

産経新聞・社説
国民投票法の改正 本題の「憲法改正」へ進め

毎日新聞・社説
国民投票法改正で合意 CM規制先送りは疑問だ

新聞くらいしか反応しなかった、遅過ぎる政治家の仕事の話。この程度の改正では何も動かないから社会もスルーするが、なぜか新聞は騒ぐ。そして読売は流れに乗る体力さえない。劣化と老化の連続。見ていて哀れだ。

毎日新聞・社説
森友の「赤木ファイル」 ごまかさずに全面開示を

当然の流れ。衆議院選挙の争点にしてはどうだろう?

朝日新聞・社説
米国と北朝鮮 非核貫く堅実な交渉を

アメリカよりまずは日本自身の議論をすべきだ。

読売新聞・社説
G7外相会議 対中国の国際連携を広げよ

日本人飛行士 宇宙開発担う人材を育てたい

人民日報そのものの国家連動型迎合新聞になった読売。社説をむしろ避けた方が良いレベル。危険だ。

Comments are closed.