ORIZUME - オリズメ

4454.報道比較2021.4.20

4454.報道比較2021.4.20 はコメントを受け付けていません

リモートへの移行はポジティブな変化のはじまりだ。

Wall Street Journal
コロナで永久に出張消えるか 工場見学もリモート (2021.4.19)

同じような生産性向上の体験を私もしている。もう戻れないし、戻りたくない。必要な対面ミーティングの存在は認めるが、すべてではなかったこと、リモートで十分成立するコミュニケーションが多くあったことも誰もが認めるだろう。そのインパクトは旅客業界だけのものではないだろう。不動産も、ファッションも、ミーティングを構成する些細なものまで影響を受けるに違いない。これはポジティブな変化のはじまりだ。生産性が向上するのだから。

朝日新聞・社説
入管法改正案 国際標準から遠いまま

自民党はなぜ入管をここまで前時代的にしておくのだろう?審議してオープンにした方がメリットが多く、抵抗すればデメリットばかりのはずだが。古い。あらゆる発想から死臭がする。

朝日新聞・社説
ワクチン詐欺 確実な情報が抑止力だ

このネタではうまく騙せないのだろう。相談で実被害に至った件数は出ていない。この手法もそろそろネタ切れだろう。

毎日新聞・社説
ブラック校則の見直し 子どもの人権守る視点で

文章としておかしなルールが残っていることと、実際に運用されているのとでは違う。未だにこんな発想で教育しているなら徹底的に糾弾して早期修正を促すべきだ。ただ、条文があるだけで笑っているなら、問題は別の場所にある。こんなくだらないルールをつくるために時間を使うことが馬鹿らしいと気づいて、自由な学校をつくる時だ。何の仕事もないからルールをつくる仕事を作り出そうとする寄生虫が存在する。そういう人たちのせいで現場が疲弊している。本質的な仕事をしろと言うべき人は誰だろうか?

毎日新聞・社説
接触アプリの失敗 無責任の連鎖にあきれる

報告書を待って社説を書いている毎日の方が嗤える。自分が何をしてるか判ってるのか?こんな誰も使わないAppの反省で厚労省を批判するなら、もっと本質的な厚労省の怠慢を自ら調査して批判すべきだ。何の仕事にもなっていない。

読売新聞・社説
無人運転 安全確保の仕組み作りを急げ

時速10キロのゴルフカート?冗談か?遊園地にでもするつもりか?誰も使わないだろう。霞が関でも走らせたらどうだ?

読売新聞・社説
アフガン情勢 米軍撤収後の混乱が心配だ

いつの話をしてるのだろう、認知症新聞?

Comments are closed.