ORIZUME - オリズメ

4451.報道比較2021.4.17

4451.報道比較2021.4.17 はコメントを受け付けていません

1年で人類はパンデミックを克服しようとしている。もう少し世界が結束したストーリーになると思っていたが、むしろ逆。分断は広がった。最悪だ。

Wall Street Journal
中国GDP1-3月期、過去最大の18.3%増 (2021.4.16)

見た瞬間は驚いたが、数字のマジック。昨年がそれだけ著しい落ち込みで、今年は世界の需要も復活、中国は生産能力を確保したということ。1年で人類はパンデミックを克服しようとしている。もう少し世界が結束したストーリーになると思っていたが、むしろ逆。分断は広がった。最悪だ。

朝日新聞・社説
香港の自由 物言えば厳罰の理不尽

香港に即応した朝日の姿勢には好感が持てる。日米首脳会談に合わせるには小さ過ぎるブラフ。それでもワシントンでバイデン氏と菅氏がこの話題を無視したなら、意気地無しに見える。中国を叩くなら、すでに事実になっている香港の方が対象には適しているはずだが、ヨーロッパやイギリスほどアメリカは香港を語らない。残念だ。もちろん菅氏は何の仕事もせず、世界も日本に期待などしていないが。

朝日新聞・社説
「こども庁」 器作りより政策遂行を

一昨日に応援団の産経、読売からも批判された話題。政府に批判できな朝日なら、無視していた方が効果的だったように思う。話題にするだけ無駄なアイディアだ。

読売新聞・社説
「世界の記憶」 政治利用阻止の仕組み整えた

読売は喜んでいるが、違和感だらけだ。政府しか認定できない?いまのミャンマーや中国を見てそれでいいのだろうか?日本もずいぶん修正主義に傾いているようだ。これを一般紙が誇らしげに書くことがおぞましい。

読売新聞・社説
東芝社長辞任 経営の迷走を繰り返すのか

昨日、他紙が先行した話題。新しい話題は当然だがまったくない。いつもの読売の遅い仕事。

毎日新聞・社説
米軍アフガン完全撤収 安定回復への責任は重い

熊本地震から5年 災害弱者守る対策さらに

アフガニスタンの話題は昨日、熊本地震は一昨日に他紙が取り上げている。遅れた間、毎日が選んだ話題に目に付くものはない。遅れるなら、遅れるだけの価値があればいいが、他紙のコピペのように酷似。仕事になっていない。

Comments are closed.