ORIZUME - オリズメ

4445.報道比較2021.4.11

4445.報道比較2021.4.11 はコメントを受け付けていません

iOS 14.5を心待ちにしている。新しい警告がどれくらい鬱陶しく、今までどれだけこっそり自分の行動を見られていたかを把握したい。

Wall Street Journal
iPhoneアプリ、プライバシーどう変わる? 早わかりQ&A (2021.4.8)

iOS14.5を心待ちにしている。新しい警告がどれくらい鬱陶しく、今までどれだけこっそり自分の行動を見られていたかを把握したい。インタラクティブなオンライン広告は、それでも価値を持つのは明らかだ。プライバシーを渡してまで見たいと思えるクールな広告を、この10年で見た記憶もない。変わるべきタイミングを示してくれたAppleに感謝する。

朝日新聞・社説
デジタル法案 個人情報を守れるのか

なぜ失敗する墓穴を自ら掘るのか、菅氏のセンスが判らない。個人情報はすべての有権者に関わるリスク。今までほとんど成功しなかったことを自分がやれば成功するとでも?何の根拠もないのに。自分を知らない人だ。どうやって国家に自分の情報を捕捉させないかを考えはじめたい。こうやってアナログに新たな価値が生まれようとしている。残らない情報の価値が、いま大きくなっている。ずっとITで生きてきた人間としては複雑な思いだ。

毎日新聞・社説
コロナ下の聖火リレー 感染拡大時の対応明確に

自分でスポンサーやりながら新聞社が何かを言ってもまったく説得力はない。

毎日新聞・社説
政府の孤独・孤立対策 「まず自助」では救えない

10万人だったら、補助金を渡して生き長らえてもらえる規模だと思うのだが、なぜそうしないのだろう?自助ってなんだ?リーダーが言ってはならない言葉だと思うが、平然と政府は自助をフォローしている。ここまで冷たい政治をよく許容するものだ。私は徹底的に節税を勧めようと思う。彼らに使ってほしいカネはない。自分の意志で困った人に渡したい。

読売新聞・社説
巨額経済対策 米国の再生につなげられるか

いつものずいぶん日が経ってから話をはじめる痴呆のような読売。まだ議会審議もされず、実現性も不透明な部分が多い。偉そうに妥当という言葉を他国の行政に使うセンスも不思議。

読売新聞・社説
ネット通信環境 利用増に応じた体制が必要だ

何の話をしているか、自分で判っている?通信会社のサービスの話?際が猪鼻氏でもないのに、トラブルがないところにトラブルが起きた時に話をして仕事を増やすあたり、詐欺のようだ。

Comments are closed.