ORIZUME - オリズメ

4438.報道比較2021.4.4

4438.報道比較2021.4.4 はコメントを受け付けていません

期待ほどにマーケットの温度は上がらない。ロックダウン中の株価上昇は参加者が増え、娯楽として楽しんでいただけなら、別の楽しさを見つけた人たちのマネーは株を買うために使われることはない。債券は冷徹に殖えていく財政赤字を見ている。

Wall Street Journal
スーパームーンが救ったスエズ運河の座礁船 (2021.3.30)

週末に読みたいのはこういう清涼感のある話題。国内紙のスペースを埋めるだけの仕事にはない内容が心を打つ。テクノロジーの世界でのプロダクションにもっとも重視されるのがチームワークやモチベーションであるように、エンジニアリングは突き詰めれば自然科学とつながり、自然は物理で動く。無機質に見えるものの答えは有機的で、オーガニックなものはロジカルに作られる。心を打たれる。

Wall Street Journal
在宅の「退屈」解消、米株市場で何が起きる? (2021.4.2)

期待ほどにマーケットの温度は上がらない。この意見が、その答えを導いている。ロックダウン中の株価上昇は参加者が増え、娯楽として楽しんでいただけなら、別の楽しさを見つけた人たちのマネーは株を買うために使われることはない。債券は冷徹に殖えていく財政赤字を見ている。コロナバブルが終わる。

朝日新聞・社説
後半国会 政治の責任 果たせるか

準備不足。これでは選挙までの期間に朝日が大きな話題を提供することはないだろう。また文春に期待だ。

読売新聞・社説
英国の安保政策 インド太平洋重視を歓迎する

敵の敵は味方という発想での連携なら、お互いに依存し合うだけで何も動かないだろう。特に今の日本の姿勢は海外を失望させるに十分な無責任さが目立つ。相手を失望させれば、敵は増える。今の日本がそうやって孤立を誘うのではないかと気がかりだ。

読売新聞・社説
ルネサス火災 半導体不足に拍車をかけた

いつの話をしている?半月前の話題を取り上げた理由が判らない。

毎日新聞・社説
出生前診断の新制度 自己決定を支える運用に

米国のアジア系差別 深刻な分断の克服急務だ

週末の毎日らしい話題選定。内容も踏み込まずに解説程度に留まり、何の役にも立たない。考えを巡らせたくなる話題提供にもなっていない。これなら週末は休んだらどうだろう?仕事になっていない。

Comments are closed.