ORIZUME - オリズメ

4436.報道比較2021.4.2

4436.報道比較2021.4.2 はコメントを受け付けていません

誰もが予測したとおりの展開。聖火リレーのために緊急事態解除して当然のリバウンド。慌てて違う法で対処しても結果が同じになるだろう。もう止められない。

Wall Street Journal
バイデン氏がまい進、大きな政府の道 (2021.4.1)

バイデン氏のインフラ計画、カギは投資対象 (2021.4.1)

バイデン氏にセンスを感じた人はいないだろうが、2つめの巨大公共投資の案はナンセンスを越えて危険度がいっぱいだ。効果がなかった時の増税のデメリットのインパクトは計り知れない。これはまた共和党、そしてトランプ氏のような過激な破壊主義者にきっかけを与える。職を持つ人たちは増税に苛立ち、職がなかった人たちは一時の収入が途切れた時にストレスを爆発させることになる。最悪だ。

朝日新聞・社説
まん延防止措置 「第4波」への対策急げ

産経新聞・社説
蔓延防止措置 緊急事態とどう違うのか

毎日新聞・社説
3府県にまん延防止 「第4波」想定した戦略を

読売新聞・社説
まん延防止措置 「第4波」の回避に全力挙げよ

誰もが予測したとおりの展開。聖火リレーのために緊急事態解除して当然のリバウンド。慌てて違う法で対処しても結果が同じになるだろう。もう止められない。ワクチンから必死で話を反らすのは確保できないから。オリンピックはやってもやらなくても悲惨な結果になるだろう。経済効果どころか経済損失。誘致した人たちの責任を指摘してはどうだろう?

朝日新聞・社説
コロナとWHO 政治を排し体制強化を

産経新聞・社説
WHO報告書 中国に利用されただけだ

WHOやコロナ起源調査を政治利用しようと考えているのは中国もアメリカも一緒。隠蔽して調査が終わったというコントと、文句ばかり言いながらワクチンと新しいルールを押し付けるコント。どちらも見え透いている。

毎日新聞・社説
武田氏の不信任案否決 与党は今後も任せる気か

作為の不信任?誰も興味などない。インパクトもない。だが、与党を支持もしていない。信じられる人が出てきたら総取りできるのだが、何もできない人しか出てこない。理由は?この国に未来がないこと。この国の国民に期待していないこと。つまりは、私たち自身の不実だ。

読売新聞・社説
日銀短観改善 積極投資で苦境を打開したい

誰も相手にしない日銀短観をいつも取り上げる読売。誰も聞いていない話を必死に話している。

Comments are closed.