ORIZUME - オリズメ

4407.報道比較2021.3.4

4407.報道比較2021.3.4 はコメントを受け付けていません

ヨーロッパでマイナス金利の弊害がついに一般社会に顕在化した。中央銀行がやっていることが正しいのかという議論が生まれそうだ。インフレ懸念が出はじめているタイミング。最悪だ。

Wall Street Journal
アジアの景気回復に遅れ、コロナ感染抑制が裏目に (2021.3.3)

優等生だったはずのアジアが、集団免疫にはデメリットになるという興味深い状況。中途半端なことをしてきた日本はどちらにも動けない。原因は簡単。検査をまともにやっていないから現状が判らない。だからいつまでも前に進まない。世界でもっとも情けないやり方をしていると思う。

Wall Street Journal
独銀「預金よそへ」 マイナス金利転嫁で苦肉の策 (2021.3.3)

ヨーロッパでマイナス金利の弊害がついに一般社会に顕在化した。日本はなぜこうならないのか?不思議に思うべきだ。地銀がなぜ苦しいのかに関連している。中央銀行がやっていることが正しいのかという議論が生まれそうだ。インフレ懸念が出はじめているタイミング。最悪だ。

朝日新聞・社説
自殺対策 連携強化し孤立を防ぐ

政治を頼っても自殺は減らないと言いたいのだろう。失望した人を今の国が救えるとは到底思えないし、頼りにされてもいないだろう。違う形でのサポートのスキームをつくる方がいい。NPOが機能してほしい。足りないことは何か、彼らを支援できることは何かを伝えてくれる方がずっと有益だ。新聞は国家や政治への偏重を改めて新しい発想に切り替えるべきだ。私たちも。

朝日新聞・社説
記者殺害報告 サウジの責任は重大だ

歯切れが悪く、何のためにこの話題を取り上げたのか判らない。

毎日新聞・社説
全柔連のパワハラ問題 山下会長の責任は重大だ

2日前に朝日が取り上げた内容。内容も主張も似たようなもの。

毎日新聞・社説
コロナ禍と文化芸術 豊かさ守る支援足りない

この程度の内容を書くなら、政府の予算の使い方くらい調べてから書いてほしい。利権団体に偏っているのは誰もが感じている。調べもしない話の説得力はゼロだ。

読売新聞・社説
花粉症とコロナ 紛らわしい症状に注意したい

政府の話題を避けて、花粉症?ワクチンの話を先にしたらどうだろう?

読売新聞・社説
尖閣領海侵入 中国による「常態化」を許すな

今の政権にこんな話をできる余裕はない。任せる気も国民はないだろう。中国はそれを見抜いている。

Comments are closed.