ORIZUME - オリズメ

4402.報道比較2021.2.27

4402.報道比較2021.2.27 はコメントを受け付けていません

ワクチン効果がではじめている。世界はパンデミックの出口を完全に見据えている。いよいよアフター・コロナがはじまる。新しい時代の始まりだ。

Wall Street Journal
ワクチン接種証明どうする? 是非巡る議論本格化 (2021.2.27)

コロナによる学校教育の喪失、経済に長期的な影響 (2021.2.26)

ワクチン効果がではじめている。世界はパンデミックの出口を完全に見据えている。次の世界が近づいている。教育の喪失といったテーマには、明らかにリカバリー・プランがいる。生活の中にもワクチン接種や非感染のエビデンスがいる生活が一般化していくのだろう。ワクチンはできたが、治療薬はまだ完成していない。当分できない可能性も十分にある。それでも、いよいよアフター・コロナがはじまる。新しい時代の始まりだ。

朝日新聞・社説
6府県先行解除 再拡大防止を最優先に

産経新聞・社説
6府県の宣言解除 ウイルスへの警戒怠るな

毎日新聞・社説
首都圏以外で宣言解除 緩み招きかねぬ首相対応

読売新聞・社説
6府県宣言解除 段階的緩和で感染再拡大防げ

先行解除するなら、1週間の前倒しの価値が知りたい。たった1週間で差があるのか?それとも3月7日に首都圏は解除できないというメッセージか?

朝日新聞・社説
イラン核合意 緊張を抑えて再起動を

イランとロシアへのアメリカの態度は感情的だ。バイデン政権が論理的にイランを見ていることを期待したい。少なくとも、トランプ政権よりはまともだろうが、トランプ氏は武力行使はいつも避けてきた。早々に爆弾を落としたバイデン氏のやり方がポジティブかは時が経ってみないと判らない。

毎日新聞・社説
相次ぐ官僚の接待問題 すさまじいモラル崩壊だ

接待の問題ではなく、人事権を使った政治の問題。タイトルがおかしい。

読売新聞・社説
デジタル給与 安全性の確保に懸念がある

教科書も振込もデジタルを嫌がる読売。ポイントが貯まるなら、クレジットカードくらいの実績があれば、私は銀行からのスイッチを検討する。ただ、ポイントで支払われるのは嫌だ。ビットコインくらいの汎用性があるなら受け入れるが。読売はリスクと安全性の議論とITアレルギーが混在している。老害だ。

Comments are closed.