ORIZUME - オリズメ

4400.報道比較2021.2.25

4400.報道比較2021.2.25 はコメントを受け付けていません

日本でも電力自由化を進めて、この冬におかしな事態になった。テキサスの事例から学ぶことは多い。

Wall Street Journal
テキサス州住民、電力自由化で料金負担280億ドル増加 (2021.2.25)

日本でも電力自由化を進めて、この冬におかしな事態になった。テキサスの事例から学ぶことは多い。電力会社や公共事業というだけで悪者と見る発想には大きな問題があるのは確実。冷静な判断がいる。

朝日新聞・社説
辺野古の工事 県民の心踏みにじるな

私は沖縄に強い愛着を感じる人生経験があるので、朝日の主張には心を打たれるが、一般の人はどうなのだろう?安倍氏・菅氏のやり方に非情さは感じるだろうが、そこまでだろう。無関心になると、自らも孤独になる。孤独でも生きられる社会になった錯覚が、関係を希薄にしてさらに横暴になっている。その痛みはやがてブーメランになるのだが。安倍氏の地元には岩国があるんだが、なぜあの人は無神経でいられるのか、判らない。

朝日新聞・社説
生活保護判決 政治的削減への警告だ

国家主義のくせに、やさしくない。自民党の発想は最悪。厚労省にも人間性を求めたいが、政治が意思決定するのは三権分立のコンセプトのひとつ。やはり政治に最大の責任を求めたい。民主党の素人政治の方が、私は嘘つきによる既得権者のための社会よりはずっといい。そろそろ政権交代を意識してもいい時期だ。

毎日新聞・社説
総務省接待問題で処分 これで幕引きとはいかぬ

吠えるだけで何もしないのは朝日と同様。政治家への不満は感じるが、公務員への腹立たしさと同じくらいマスメディアの堕落には苛立つ。もう期待もしていないが。

産経新聞・社説
那覇の孔子廟判決 「違憲」の独り歩き避けよ

毎日新聞・社説
孔子廟用地提供は「違憲」 政教分離への厳格な判断

宗教らしきものを優遇することを認めないだけの話で、それほど騒ぐ話でもない。産経が強弁したいのは靖国。過敏に反応して無様だ。

読売新聞・社説
デジタル教科書 普及よりも課題の検証が先だ

読売はやけにデジタル教科書に抵抗する。併用すればいいだけ。何か利権でもあるのか?74市区にしか調査しない姿勢、臭う。

読売新聞・社説
米軍駐留経費 同盟強化へ日本の防衛努力も

いつもの他紙からの遅れが目立つ。アメリカとの立場を詳細に書くのはいいのだが、どれも密室交渉事項のような不透明なものばかり。透明性を求める。

Comments are closed.