ORIZUME - オリズメ

4398.報道比較2021.2.23

4398.報道比較2021.2.23 はコメントを受け付けていません

ワクチンは効くという現実を、数字が鮮明に示した。金融業界と政治はこの現実をどう見るだろう?決してポジティブなだけではいられない現実が目の前に生じつつある。

Wall Street Journal
英コロナワクチン接種データ、感染例の急減示す (2021.2.23)

ワクチン普及の遅れ、コロナ変異株の脅威拡大か (2021.2.22)

ワクチンは効くという現実を、数字が鮮明に示した。心強い。一方で変異株は人類と新型コロナとの付き合いが長くなることを示している。それでも、インフルエンザのような位置づけにできるなら、私たちの生活は急速に元に戻る。来年の冬は安心して暮らせる可能性も見えてきた。ファウチ氏の言ったとおりに事が進んでいる。さて、金融業界と政治はこの現実をどう見るだろう?決してポジティブなだけではいられない現実が目の前に生じつつある。

朝日新聞・社説
総務官僚接待 疑念の解消には程遠い

産経新聞・社説
総務省接待問題 混乱招いた愚を猛省せよ

毎日新聞・社説
総務省幹部ら処分へ 解明の責任は首相にある

読売新聞・社説
総務省接待調査 放送行政の公正に疑念深めた

新聞は何の仕事もしていない。座って文句を並べる原稿を書いているだけ。恥を知るべきは公務員だけではない。なぜこの情報が出てきたのか?なぜ録音までされていたのか。その情報を渡す先が、なぜ文春だったのか。新聞は役割を終えている。文句を言う資格はない。

朝日新聞・社説
G7の協調 コロナ対応が試金石だ

毎日新聞・社説
G7のワクチン合意 多国間主義復権の試金石

今のところ、G7の綺麗事は期待されているが、良くも悪くも中国の影響力がG7と対比した場所に顕在化している。したたかな国は中国と天秤にかけるだろう。競争によってメリットが出るなら、中国が大きくなることは悪いことばかりでもない。もし民主主義、自由主義に価値があると思うなら、我々は正当に競争して勝つべきだ。

読売新聞・社説
竹島の日 対外発信と領土教育の両輪で

議論もできない相手と国境を決めるのは困難だ。本気で国境を決めるつもりなど読売にはない。韓国を悪者に位置づけて国内問題から目を反らしたいだけだ。

Comments are closed.