ORIZUME - オリズメ

4382.報道比較2021.2.6

4382.報道比較2021.2.6 はコメントを受け付けていません

現実から逃げずにアメリカが雇用に向き合えば、修復は可能だろう。だが、労働省は何かを避けた。その意志がバイデン政権から出たものなら、これからの4年間はトランプ政権よりひどいものになるだろう。

Wall Street Journal

回復もたつく米労働市場、気がかりな小売業の雇用減 (2021.2.6)

労働省は意図的に良くない数値を悪く見せない工作をした。こういう操作をする時、明らかに未来に危険を予測している。そして、いつか手遅れの未来がやって来る。現実から逃げずにアメリカが雇用に向き合えば、修復は可能だろう。だが、労働省は何かを避けた。その意志がバイデン政権から出たものなら、これからの4年間はトランプ政権よりひどいものになるだろう。トランプ氏は嘘つきだった。誰にでも判るような嘘ばかりだった。バイデン氏が嘘つきなら、陰湿で邪悪だ。

Wall Street Journal

ワクチン不足、欧州で優先接種求める声強まる (2021.2.6)


欧州ワクチン計画、なぜ頓挫したか (2021.2.4)

ヨーロッパの政治もまったく機能していない。これでは強権で統治する中国が先行するのも当然。ここまでリーダーシップを人類が失うとは。何が原因か、検証の必要がある。政治とは駆け引きではない。行政とは挑戦しないことではない。

朝日新聞・社説
リコール署名 無軌道の責任明らかに

なぜこの医師が注目されはじめたのか不明だが、政治的な発言を繰り返していただけの責任は取ってもらいたい。当然、助長した政治家たちも。誰が信じられないかは、市民もそろそろ判ってきただろうか?認知度だけに乗せられない方がいいと思う。

産経新聞・社説
ココア不具合 あまりにも杜撰な運用だ

毎日新聞・社説
接触アプリの不具合 感染抑止への姿勢を疑う

ダウンロードが2500万?アクティブ・ユーザーは?誰も気づいてなかった現実からはずいぶん乖離している。不自然だ。

朝日新聞・社説
長男の官僚接待 菅首相 人ごとではない

昨日、産経と毎日が先行した話題。吠えるなら、仕事で追い詰めてくれ。文春に先を越されて恥ずかしいと思う気持ちはないのか。

産経新聞・社説
森氏の問題発言 組織委もJOCも猛省を

読売新聞・社説
森氏の女性発言 五輪会長として不見識すぎる

昨日の朝日と毎日が取り上げた話題。森氏をクビにしてオリンピックだけは生き長らえることができるかを模索するような社説。政府の観測気球か?

読売新聞・社説
露反体制派拘束 人権無視の露骨な政治弾圧だ

海外紙が1.20には報じている。20日も遅れるのが、いまの日本の全国紙の能力だ。

毎日新聞・社説
読書感想文コンクール 孤独和らげる本との対話

毎日が得意とする自紙広報。こういうことをされると主旨に嫌悪感が生まれることを認識してほしい。せっかくの読書の話が台無しだ。

Comments are closed.