ORIZUME - オリズメ

4380.報道比較2021.2.4

4380.報道比較2021.2.4 はコメントを受け付けていません

大した内容でもないから4日で成立しただけの無意味な法案。この法で感染症が収束に向かうとは誰も思っていない。法を作った議員さえも。なんだそりゃ?

朝日新聞・社説
コロナ法成立 運用監視し再見直しも

案里議員辞職 目に余るモラルの低下

産経新聞・社説
コロナ特措法改正 協力に十分な支援必要だ

案里議員辞職 克行被告にも進退を迫れ

毎日新聞・社説
コロナ関連法の改正 罰則でなく支援を前面に

河井案里議員が辞職 説明なき退場許されない

読売新聞・社説
改正特措法成立 罰則頼らず国民の理解求めよ

産経も含めて横並び。読売がその中で、河井案里議員辞職を取り上げなかったことが目を引く。小物に1年で2000万。アホらしいが大した金額ではない。それよりは選挙で動いた1億5000万。自民党と前・現首相に問い質すべきだろう。なぜ読売が取り上げなかったかの理由が、その背景を示している。
大した内容でもないから4日で成立しただけの無意味な法案。この法で感染症が収束に向かうとは誰も思っていない。法を作った議員さえも。なんだそりゃ?産経には、この法を使ったらっどうウイルス対策になるのかを聞きたい。いい加減なことを書くのはやめてほしい。読売も罰則を使うなと言いながら、罰則を決めたのは国会だ。主導した政府を責めるべきだ。誰が取り締まるのか?入院先がなくて入れないのに?未だに要請だけで支援もしない国家の言うことなど、誰も聞きはしない。まだ半年も経っていない政権。さっさと去ってほしい。

Wall Street Journal

広がるコロナ変異株、対応急ぐワクチンメーカー (2021.2.4)

最前線では新たな課題が大きくなっているが、着実に進歩している。事実に基づいたトライ&エラーには勇気づけられる。たとえうまく行かなくても、挑戦は無駄ではない。仕事とはこういうもの。なぜ政治はこうならないのか?

Comments are closed.