ORIZUME - オリズメ

4341.報道比較2020.12.27

4341.報道比較2020.12.27 はコメントを受け付けていません

責任とマーケット変動に関連はないから、損得の話は、トレンドだけに注目した方がいい。ただ、どこかで起きそうな調整の幅を大きく膨らましたのは、中央銀行だ。バブルの元凶と呼んだ方が判りやすいか。

Wall Street Journal

2021年の市場見通し、言い当てるのは困難 (2020.12.21)

まるで今までは言い当てていたかのようなタイトルだが、メディアが相場の先行きを指摘したことなど、どんな時間軸でも、どのマーケットでも一度もない。メディアは強気も弱気も織り交ぜて提供し、判断はご自身でという立場。来年以降の話をするなら、実態経済から乖離したマーケットと、それを引き起こしたのは世界中の中央銀行だとの指摘から逃れる方が無責任だ。責任とマーケット変動に関連はないから、損得の話は、トレンドだけに注目した方がいい。ただ、どこかで起きそうな調整の幅を大きく膨らましたのは、中央銀行だ。バブルの元凶と呼んだ方が判りやすいか。

朝日新聞・社説
袴田さんの再審 迅速に、適切な判断を

12.24に毎日が早々に取り上げたトピック。数日の遅れに朝日は違和感を持っていないのだろうが、もし怠慢なら、そういう配慮がここまで時間を浪費してきた。誰もが問題を認識しなければ裁判が早くなることはない。

毎日新聞・社説
在日米軍の駐留経費 法外な負担は見直す時だ

妄言。実現性もない提案。根拠がなければ無理だ。

毎日新聞・社説
英EUの通商合意 最悪の事態は避けられた

今から思い出したように動いても何も得られないのは、新聞社も国家も同じ。能力も胆力も不足している。

読売新聞・社説
脱炭素戦略 効果的な支援策を検討せよ

政府が思い付きで言っただけで具体策はこれからと読売でさえ気にしているということ?やってる感で終わらせれば海外からも突っ込まれるのは確実の温暖化対策。今の内閣にできる仕事ではないだろうに、無責任な目標だけ言ってしまった。日本人の信頼は安倍氏が壊したが、菅氏がさらに上塗りしそうだ。

読売新聞・社説
元農相収賄事件 規範意識の欠如が目に余る

前政権ねえ…現では?

Comments are closed.