ORIZUME - オリズメ

4322.報道比較2020.12.8

4322.報道比較2020.12.8 はコメントを受け付けていません

ワクチンの流通を考える一方で、未だにウイルスの存在にさえ抵抗する人もいる。これが世界でもっとも裕福な国が、最悪のリーダーシップでどうなるかを示した結果だ。日本はこれからどうなるだろう?

Wall Street Journal
限られたワクチン供給、確保急ぐ各国 (2020.12.7)

根強い「コロナ否定論」 医療スタッフ一段と疲弊 (2020.12.7)

ワクチンの流通を考える一方で、未だにウイルスの存在にさえ抵抗する人もいる。これが世界でもっとも裕福な国が、最悪のリーダーシップでどうなるかを示した結果だ。日本はこれからどうなるだろう?

朝日新聞・社説
戦争と学問 問われる「自由」の真価

超越ではないが、12.8に合わせた作為はネガティブ。言いたいことがあるなら、待つ必要はなかった。

朝日新聞・社説
国土強靱化 総額ありきで進めるな

自民党型行政に2011年あたりから戻った。利権構造が自民党政治のもっとも不愉快なものだった。安倍政権が原因だろう。菅氏に変える能力はないだろう。このまま支持率を落として自民党を大敗させないことだけがゴール。朝日の叩きどころは的確だ。この路線の批判には違和感がない。データがほしい。

毎日新聞・社説
少人数学級の導入 きめ細かな教育に必要だ

たしかに議論がかみ合っていない。毎日の社説内でさえ話が分散している。目的がブレている?少人数にしたい切実な理由が判らなくなる。これでは決められない

毎日新聞・社説
GoToの延長方針 なぜ立ち止まらないのか

もっとも効果的なのは、国民が恐がってGo Toを使わないことだ。少なくとも私は感染症と外出の因果関係が見える間は外出は控える。旅行など考える気もない。ニーズがなければGo Toはマイナンバーのようになる。感染者の状況をリアルに伝えるのが一番効果的だと思う。

読売新聞・社説
中国の豪州威嚇 「自由貿易推進」は看板だけか

日本には利害の薄い話題だが、なぜこのトピックを?

読売新聞・社説
大飯原発判決 審査への理解を欠いている

原発推進でも体力がついてこないのか、他紙から3日遅れ。内容も説得力がない。結論ありきなのは裁判所ではなく読売自身だ。

Comments are closed.