ORIZUME - オリズメ

4300.報道比較2020.11.16

4300.報道比較2020.11.16 はコメントを受け付けていません

ウイルスの感染拡大中は、オリンピックの話題が国内紙に載ることはないだろう。海外紙を見ないと世界の感覚を見失う。Covid-19後の最初の世界的イベントになるだろう。

Wall Street Journal
東京五輪、米選手団はワクチン当てにせず (2020.11.16)

ウイルスの感染拡大中は、オリンピックの話題が国内紙に載ることはないだろう。海外紙を見ないと世界の感覚を見失う。Covid-19後の最初の世界的イベントになるだろう。仕切れる能力が日本国内にあるとは思えない。外国の意向を聞きながら取り組むのだろう。良くも悪くも日本らしいオリンピックになる。

朝日新聞・社説
核廃絶の決議 被爆国の責任、自覚を

高尚な模範解答のような社説。これを実現するために誰もが尽力していると思う。その道程に寄り添うことがメディアの責務のはず。朝日が自覚していることを期待したい。

朝日新聞・社説
電柱のない街 縦割り廃し将来像示せ

そんなに大事な話なのか?朝日が過去に話題にした記憶はないが。批判前提の話題では?かなり各論の話題だと感じるが。

毎日新聞・社説
米国の軍縮交渉 「核なき世界」路線を再び

連日、アメリカの話題を取り上げ、ようやく連載なのだと気づかされる毎日。結局、表層の解説で中身はゼロ。海外紙を読んだ方がいい。

毎日新聞・社説
コロナと経済財政白書 危機乗り切る政策提案を

奇妙な内容。白書の文句を言うなら、似たような情報を毎日が独自で集めて発表すべきだ。それもメディアの大事な仕事のひとつ。自らの仕事はせずに行政の仕事は不足を指摘するのは愚かだ。

読売新聞・社説
会計検査院報告 公金を扱う意識が足りない

行政より政治の方がずっとおかしなカネの使い方をしていると思うが。政府の状況をぜひ誰かに調べてもらいたい。読売にはできない仕事だ。

読売新聞・社説
米国の経済政策 保護主義との決別に舵を切れ

今さら選挙結果を話題にする読売。ずいぶん保守的。何かに配慮したのではなく、単純に仕事が遅いというのがさらに痛い。

Comments are closed.