ORIZUME - オリズメ

4274.報道比較2020.10.21

4274.報道比較2020.10.21 はコメントを受け付けていません

ビッグテックで最初に訴追されるのはFacebookだと予想していたが、政治的な思惑があったようでGoogleが先に標的になったようだ。政党で意見が割れていること、大統領選挙の前に急いで提訴したあたりを見ると、狙いは不純。

Wall Street Journal
グーグル、米司法省が提訴「反競争的行為に関与」 (2020.10.21)

グーグル、米各州の司法長官も提訴の準備 (2020.10.21)

米司法省のグーグル提訴、早わかりQ&A (2020.10.21)

様々なインパクトから、ビッグテックで最初に訴追されるのはFacebookだと予想していたが、政治的な思惑があったようでGoogleが先に標的になったようだ。政党で意見が割れていること、大統領選挙の前に急いで提訴したあたりを見ると、狙いは不純。本気でGoogleの脅威を認識しているかも疑わしい。

朝日新聞・社説
IR申請延期 いつまでカジノ頼みか

コロナ収束後に再開の一言でいいのでは?どう考えてもインバウンド再生の方が優先。どれほど観光立国が難しいかも認識したはずだ。進出したがっていたアメリカ企業の熱も冷めた。やめればいい。

朝日新聞・社説
デジタル課税 実効性ある制度を早く

IT企業でなくても、空騒ぎだなと笑っていられる。決まらないものに時間を使う必要はないし、足並みも揃っていない。課税の理由も「そこにカネがあるから」に過ぎない。ならば稼いだカネは政治よりもずっと良い方法で社会に還元するだろう。ビル・ゲイツ氏を学ぶべきだ。政治という手法で世界を変える時代は、とっくに終わっている。

毎日新聞・社説
受信料の義務化提案 国民の理解得られるのか

NHKは横暴は何のつもりか?テレビ拒否運動が起きるレベル。受け入れられない。

毎日新聞・社説
首相のASEAN訪問 アジア外交進めるてこに

読売新聞・社説
菅首相初外遊 東南アジアと信頼関係深めよ

急いでする必要もない仕事。国会を開ける方がずっと大事。逃げ回る姿勢は前政権のまま。呆れる。

読売新聞・社説
債務猶予延長 途上国支援に透明性の確保を

Comments are closed.