ORIZUME - オリズメ

4259.報道比較2020.10.6

4259.報道比較2020.10.6 はコメントを受け付けていません

久しぶりに心が踊る情報と、もっともカオスのつづくアメリカ。多様だ。

Wall Street Journal
バッテリー不要な「ゲームボーイ」に見る未来 (2020.10.5)

久しぶりに心が踊る情報だった。すばらしい。未来が輝いて見えた。恐ろしいほどの可能性を感じる。この未来の想像に関わってみたい。

Wall Street Journal
トランプ氏の病状、米政府は明確な説明を (2020.10.5)

トランプ氏、5日夕に退院へ マクナニー報道官も感染 (2020.10.6)

ホワイトハウス、コロナ迅速検査への依存が感染を拡大か (2020.10.5)

バイデン氏、討論会後に14ポイントにリード拡大 WSJ調査 (2020.10.5)

ペンス・ハリス直接対決へ、大統領感染で注目増す (2020.10.6)

統制が取れていない。大統領の周りは、想像以上に人が少なく、特殊なやり方が横行しているため、新しい人が混ざると異質なやり方に対応できずに情報が錯綜する。4年間、ずっと見てきた風景だ。騒いでオブ弱武人に振る舞うのを耐えられない人たちと、評価する人たちがいる。多様性と言ってお互いに認め合っていた時期は良かったが、争いになりはじめたのだから「いっしょにいつづけるのは無理なのではないか?」と思っても不思議ではないと思う。同じことが日本にも言える。

朝日新聞・社説
学術会議人事 説得力ない首相の説明

読売新聞・社説
学術会議人事 混乱回避へ丁寧な説明が要る

説明責任は、少なくとも果たされていない。学術会議の存在自体に批判的な論調も聞くが、ならばその問題を正式に提起して解散、民営化を議題として語るべきだ。全員の承認の拒否ではなく、一部のたった6人だけ拒否したことが、学術会議事態の存在に内閣が異議を唱えているのとは違う文脈がある。話をすり替えさせてはいけない。

読売新聞・社説
ドコモ完全子会社化 利用者本位で改革推進を

私にはこれがNTTのさらなる衰退の始まりに見える。グループ会社の統合しか描けない買収に成長は感じない。

毎日新聞・社説
医療事故調査制度5年 活用される工夫をさらに

時期が来たから書いてみた程度の内容。情報不足で主剤も足りない。

朝日新聞・社説
電力自由化 新市場の見直し柔軟に

主張がよく判らない。発電会社に1.6兆円の補助金のような支払いが発生していると言いたい?落札とこのカネの主旨を説明しないと理解が進まない。内容以前の問題だ。

Comments are closed.