ORIZUME - オリズメ

4229.報道比較2020.9.6

4229.報道比較2020.9.6 はコメントを受け付けていません

まだ未開の領域が地球上にいくつもある。テクノロジーよりもずっとダイナミックだ。

Wall Street Journal
ロボット船の開発進む 自動運転車に先行か (2020.9.4)

興味が湧き、まだ未開の領域が地球上にいくつもあることが判った。ワクワクしたのはテクノロジーではない。地球上の海は、ダイナミックで、私たちの想像を超えるパワーを持っていること、人類はまだその能力を知りもしないことだ。個人的には、巨大輸送船を自動化、電動化する方が楽しみだが、海に囲まれた日本には、海を利用する価値はある。意識したい。

朝日新聞・社説
コロナワクチン 社会の合意 丁寧に築け

読売新聞・社説
入国制限緩和 空港の検疫体制強化が急務だ

どちらも方針はいいのだが、先走りの印象はある。ワクチンをいま語って安心感を醸成したいのかもしれないが、逆効果だ。準備不足なら、むしろ不安と失望に変わる。入国緩和も同様。公平に扱えず、基準も明確にできないなら、不満が拡がるのは確実。期待に応えたい政府の感覚は判るが、準備を周到にして欲しい。またやってる感か?

読売新聞・社説
生活とAI 特性を理解すれば賢く使える

読売自身がAIを判っていないのだろう。「何となく怖い」が主張にも見える。少なくも、政府が判断すべきことではないと思う。何でも国家に任せて安心と言う発想がAIやITにはもっとも不適切だ。ITの利便性はマネーや自動車と同じもの。法で制御してカネが殖えるか?クルマを愉しめるか?考えれば判る。どう距離を取るかは、本人の意思と目的による。必要もないのに関わっても何も得られないのは当然だ。

毎日新聞・社説
クラスター弾条約10年 人道的軍縮の流れさらに

軽く扱う話題ではない。取材が浅過ぎる。

Comments are closed.